So-net無料ブログ作成
検索選択

第8話 装填いろいろ万華鏡 [WM WALKER GALLIA(R3)]

 
 しかし、困ったもんだ。

 GALLIAのバズーカは背負わせる状態でも安定させる為になるべく軽く作らなけりゃならんのに 気がつけば
 余計な工作をしてどんどんと重くなっとるではないか!

 今回でバズーカは工作が完成(仮)です。
 あ、塗装はまとめてやりますんでもっと後になりやす。

 では、工作の続き

20.JPG まずはプラ板で箱組します



 さて、これは何でしょう?




21.JPG ヒント



 バズーカ弾が入ります。




22.JPG23.JPG  答え


  弾倉側のバズーカ弾供給ユニットです。

  弾倉側面の半円状の穴はプラリペアで塞い
  でいます。(白く見える場所)



24.JPG このままでは寂しいので弾倉内をディテールアップ


 補強などを意識。





25.JPG 
 リブなどの補強をして間を埋めました。
 

 ま、この程度でヨシとします。

                     あ~どんどん重くなる~。


26.JPG 本体の空洞



 ん~~~・・・なんか寂しい。




27.JPG 迷わず補強!


 ハーフラウンドのプラ棒を貼ってリブを入れバズーカの強度を上げる。

 でも、これって内部に発射管を入れたら全く見えないんですが・・・
                                       ―(T_T)→


28.JPG これで発射システムは完成!

 当初の予定と全く違う着地点だわさ。
 弾倉をハメるとちゃんと給弾出来るようになります。
 まぁ、意味はないんですが。


40.JPG 

 これで完成?



 ま、待てよ?

 劇中のバズーカ給弾場面を調べると前の記事でも書いたように面白い事に3種類の方式がある。

z1.jpg その1


 なんとザブングルがバズーカのケツから弾を突っ込んでいるっ!!!
                             このwikiにあるような装填方法
 おい!弾倉は何の為に付いておるのかっ!
 そもそも そのデカイ弾は弾倉に入るんか?


z2.jpg その2


 小型WMを使って弾倉ごと入れ替える場面。

 これが最も妥当な給弾方法だ。



z3.jpg その3

 人間(この時はファットマン)がバズーカ側面の開いたパネルから放り込む!
 コラ~~!今度は弾がちっちゃ過ぎるじゃん!
 5発が1ユニットとなったものをこの穴に放り込んでおるわ!
 上についている弾倉の意味は?ねぇ意味は~?



 こういう一定しない設定って困るんですのよ。

 
ba.JPG 仕方がないんで、「その3」方式も取り入れます。

 上の画像のように余りにも弾倉から離れた位置に給弾用パネルがあるのも
 何かと問題があろうかと思いますんで、この位置にスジ彫りを入れて給弾用
 パネルを設定しました。

 これでバズーカは一応完成。


 ま、まだ手を入れる可能性もあります。

 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。