So-net無料ブログ作成
検索選択

第一回 光らせたい [知識ゼロからの電飾]


 模型に電飾。
 簡単そうで難しい。
 でも、やってみるとそんなに難しくない。
 私なんて理系じゃない(かといって文系でもない)アホにはLEDのたったひとつだけでも模型に組み
 込んで灯そうと思っても「やり方がワカラン」と止めてしまいがち。
 ここはアホなりに色々ともがいて得た電飾に関する知識を記録として書き留めておきます。

 私はGANSを作った時にたった一つのLEDを光らせるのに かなり往生した記憶があって やっとの
 思いで組み込んだはいいけど完成した後でも「ありゃ明る過ぎる」と後悔していました。
 悔しいのでFALKE製作の時はちょっくら電飾について勉強して奮闘したのでそれなりのものが出来ま
 した。
 そんな苦労があったにもかかわらず今は電飾MYブームが去ってしまって「模型なんて光んなくたって
 いいわ」くらいにしか思ってません。(^_^;)
 実は電飾模型を作りたい人って世の中には意外と多そうなので何かの役にたてればと 身をもって体験
 して学んだ事(主に失敗から)を今後数回にわたって記事にします。
 しかし、私は電気については必要以上に学ぶ必要もその気も無いので初心者(初級者ではない)程度
 の事しか書きませんのであしからず。

 まず、何故に「模型に電飾」が必要か?について考えてみました。
 「光る」という事は人間の脳にダイレクトに刺激を与えているようです。
 仮にコンテストに出品したとして審査を考えた場合に審査員が見て全く同じレベルのAとBの作品の優劣
 を悩んでいたシチュエーションがあったとします。
 しかし、Bの作品が「ピカッ!」と光った瞬間に審査員はBの作品を優位にするでしょう。
 最後の一押しとして電飾はかなり有効な手段なのは間違いない筈。
 逆に言えば例え工作や塗装のレベルが低くても電飾が出来ればそれらを誤魔化せるメリットもアリとは
 思いますが。
 ネットでは電飾された模型を普通に目にする事が出来ますが身近では電飾された模型は殆ど見た事が
 ありません。
 一般的には電飾模型は希少な存在なのでしょう。
 と いう事で どっかが光っているだけで 普通の作品とは違って特別な存在になりえるのです。
 大きなアドバンテージを得る為に電飾の方法を知っておいても損は無いでしょう。

 では電飾の効果について考えてみましょう。
 
 私が思う「光」が模型作品に与える作用とは「刺激」と「癒し」
 ね~ちゃんと夜景のキレイなトコへいくのも沢山の「灯り」が点ってあたかも満天の星空のようにキレイに
 見え、ムードを高めるのを期待しての事。
 これは「刺激」を求めているのだろう。
 しかし、夜景は人によっては「癒し」ともなりうる。
 光るポイントが多いほど人は感動を覚え こぞって夜の山頂や高層ビルの展望台などに行き より多くの
 灯りを求めて街を見下ろす。
 逆に言えば鑑賞の為にわざわざ裸電球ひとつしか無いトコには誰も行かない。
 よって、光点が多いほどに見る者の脳には「おお!」というインパクトを与える。
 
 色
 赤や青・白などは「刺激」が強く 電球色や緑・オレンジなどは「癒し」を与える。

 明るさ
 光度も強ければ「刺激」を与え、光度が低くボンヤリと光っていれば「癒し」を与える。
 
 そしてタイミング
 常時点灯しているよりも点滅していれば「刺激」が大きい。
 更に点滅のタイミングが早ければ早いほど「刺激」は増す。
 又、ロウソクの灯りのようにじわじわと揺らめく灯りは「癒し」を与える。

 これらの事を踏まえて模型に電飾を施す事になる。
 ポイントは光の量・光度・色・明滅のタイミング。
 と言っても 光点を多く、しかも点滅回路を組み込むなんて技術は今でも私は持ってませんし、必要として
 いないので調べもしませんでした。
 ここで語るのはちょっとだけ光ってりゃイイってレベルの話です。
 しつこく言いますが電気について高度な話など微塵もする気はありませんので 期待している人が居たな
 ら他をあたって下さい。
 
 では、ここからは私のように な~んも電気について知識の無い人に向けた電飾の話を始めます。

 その前に電飾には簡単な「回路」を組むことが前提ですが 私は「ブレッドボード」というものを使って模型に
 組み込む前に「仮の回路」を作ってシミュレートしております。

 興味の無い人はここの項目は読み飛ばして下さい。


 これがブレッドボードです。
 このブレッドボードは有名な秋月電子なら250円で買えますが私は広島の電子パーツ屋で買ったので
 600円位でした。
 どうやら地方では電子パーツ全般は秋月電子の2倍以上の価格になっているようです。
 あぁ、首都圏の人は羨ましい。(T T)
 電飾を模型に組み込みたいなら事前にシミュレート出来るブレッドボードは絶対に買っておくべきです。
 大は小を兼ねるので買うならできるだけ大きなものがいいと思います。
 

      01.JPG
 
 パーツ同士のハンダ付けをしなくても この無数の穴にパーツを挿し込むだけで簡単に回路が組めます。
 昔あった「電子ブロック」の超簡易版と思えばいいでしょう。
 は電源用・がパーツを挿す穴で①②③④はそれぞれグループ化されています。
 の電源用の穴は縦に基板が繋がっておりのように縦のラインの黄色はプラス電源水色ライン
 はマイナス電源
電源用のピンの挿し口になっています。
 はa1e1 a2e2 a3e3・・・と、こちらは横に基板が繋がっています。
 同様にのブロックもf1j1などと横に基板が繋がっています。
 これでお分かりとは思いますがパーツ用の挿し口です。
 これらを繋げて回路を作るワケです。

 それぞれのグループは基板が繋がっていないのでジャンパ線というもので繋ぐのですが私が買ったのは
 ブレッドボード単体なのでジャンパ線は自分で用意しました。

03.JPG こういうもの


 固めの電気線の被覆を剥いで作ります



02.JPG 使用するとこんな感じ



 穴のサイズに合わせて幅の違うものを各種用意するのですが、これ
 は汎用性が殆ど無いのでVer2を作ります。



04.JPG 



 ピンヘッダを使用します 
     



05.JPG こういうジャンパ線を多数作ります


 柔軟性があるので色んな穴に挿せます。






 ブレッドボードについては私の説明よりもコチラのサイトが物凄く解りやすいです。


 これがブレッドボードを使った最も簡単な電飾回路
 黄色LEDを光らせました。
                   
     06.JPG
                   ピカッソ!!


 長いので次回に続きます。


コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
ドラえマん

こんばんワット!
以前教えてもらったブレッドボードですね。
これは参考になります。
迷ったらココに来ますので消さないでおいて下さいね(笑)
私の場合は基礎知識が全くない所からのスタート…いや、そもそも電気関係は中学の頃から苦手だったのでマイナスからのスタートでした。
+と-だけあってりゃ点灯するもんだとばかり思ってましたから(笑)
まぁ今でも詳しい事は分からずにピカッソさせてますが、不規則に点灯させたりとかもしてみたかったんですよね。
個人的には電飾は子供の食いつきがハンパないという事もあって、簡単なものでも良いのでやり続けたいですね。
仮面ライダーの眼を光らせた時はそりゃあもう大騒ぎでしたから(笑)

ただ電池の出し入れでオンオフの切り替えは早めに卒業しようと思ってます(汗)

ピカッソ!!!
by ドラえマん (2011-12-18 17:15) 

Bor3

::じゃいマんさん::

いらっしゃインサート!
今回の記事で自分がいかにモノを伝えるのが下手か思い知りました。
目の前の人に伝えるのは簡単なのに文章にすると途端に難しくなるんです
よねぇ。
私もどっちかというと電飾はマイナススタートですんで、低レベルな事しか
書けません(^_^;)

>電飾は子供の食いつきがハンパない
あ、確かに子供って光るだけでワクワクするかも。
私も子供の時に光る模型を見たら絶対に大喜びしたでしょう。

>電池の出し入れでオンオフ
なにげに回路ってのはパーツ数が少なければ少ない方が故障の確率が
低いのでスイッチレスの回路は自分さえ納得出来ればアリです!

ピカッソ!!!!
by Bor3 (2011-12-19 21:38) 

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。