So-net無料ブログ作成
検索選択

水のする悪さを観賞 [AFVウォーカーマシーネン的資料]

 リアル系模型を作るのに知っていなければいけない事の一つ。

h1.JPG    錆


    稼働率の低く あまりメンテされてない重機はサビサビになって
    います
    側面の青い外装は引っ掻き傷があるのが○


h2.JPG    上面

    中心付近に雨が溜まって劣化が早いのでしょう

    放熱のネットはパンチング加工による外装一体成形です



h3.JPG    こういう剥がれを再現したい


    塗装の浮かし方で その重機(車輌)がどういう扱いを受けて
    運用されて来たか分かると思います

    外装は車輌履歴書


h4.JPG    特異な剥がれ

    「点」の傷に雨が忍び込んで中から蝕むとこういう剥がれ方を
    するようです
    この表現を模型でやるには難しいようですね
    しかし、このレインマークはあからさま過ぎてウェザリング初級者
    っぽいですが これが現実のウェザリングです

h5.JPG    関係無いですが


    このガードレールも下手な人がやった剥がれ塗装みたい

    ウェザリング失敗した時の言い逃れが出来そうです(^_^;)


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。