So-net無料ブログ作成
検索選択

第29話 穴は背に有るアフターばーなー [WM WALKER GALLIA(R3)]

 く・くるしい今回の記事タイトル(^_^;)

 前回、ローター本体をやったので今回はローター基部の話し。
 前回同様にココも昨年には既にやっていた工作で新規ではありませぬ。
 この記事は無駄に長い記事になっとりますが はて、いったい誰得なのか?

60.JPG まず最初は

 この黄色いポッチから。

 何のためにあるんでしょうか?
 ただの可動軸にしては派手でアレですし・・・
 ま、ヒーローロボットのデザインだからね~


61.JPG こうします

 キットのプリンみたいな形状は気に入らないんでホームセンターで銅釘を
 買っていたので取り付けてみるとドンピシャ!

 採用ですわ。




 さー、大問題の場所へ。


001.JPG これがギャリア背面設定画


 キットはギャリア設定画とは全然違う所が多々あります。

 ローター基部では特に矢印部分・・・



005.JPG 噴き出し口から見ると
  フィンの枚数が足りない(本編手抜き作画場面ではこの枚数の時もアリ)
    そして、ここのフィンの色は黄色だ。
    コストの関係でグレー一体色になってるな。(もしくはバソダイの手抜き)
 
  特に大問題なのは こんなシャッターではなく推進用のバーナーがある。

g.jpg


 ほら、火~噴いて飛んどるでしょう~ 






 では、改修しますか。


009.JPG 



 作業がやりやすいように要らないモールドをくり抜きます。




011.JPG 


 そして、横の突起を一旦エッチングソーでカットします。





015.JPG


 結構、面倒な作業。


018.JPG の改修



 ここにフィンの枚数を増やして再生させます。







019.JPG020.JPG



 プラ板を重ね合わせて形状を整えます。





021.JPG


 こうして長い部分をカットしたら完了。

 これを左右・・・ 面倒。





035.JPG

 こうなるワケですな。

 塗り分けしないといけませんなぁ。




030.JPG の工作

 バーナー基部を作り、市販バーニアパーツで再現。

 にあるように、内側のバーナー噴き出し口がホバーの一部にかかるので
 内側バーナーは小型にしています。

 工作はこれでもいいのですが・・・


032.JPG033.JPG 


 例によってノズルを付けました。




034.JPG

 バーナー基部との位置関係はこんな感じ。
 
 明らかに金属パイプの無駄遣い。



036.JPG038.JPG
 後ハメなので塗装は楽です。



 これで改修は完了!




050.JPG さて、もう一つの問題点。

 ギャリア発売時にコアなファンが話題にしていた「謎の穴」
 矢印部分にあります。

 インテークか何かだと思われます。
 でも、ここは作中ではバズーカの架台にしか使われてないような…。



051.JPG キットではここの部分です


 パーツ番号ではD5・D6を貼り合わせて作ります。

 まずは穴をあけてベースを作ります。

 この中には例のバズーカを保持するための磁石が仕込んでありますが画像が
 どっかへ言ったので割愛(^_^;)


052.JPG こうなるんです。 




 塗装後にハメ込めるようにしました。






054.JPG 一応書いておきますか。

 この白いパーツは塗装を考えて後ハメ式に変更しました。

 古典的ですがポリ袋を切ったものを挟み込む事で簡易ポリキャップ化して
 摩擦力を稼いでいます。



70.JPG これで工作完了



 左右2回も同じ作業をしないといけないのが泣ける。


 普通に作れば6パーツ構成ですが、24パーツ構成になりましたとさ。







 2008年4月に発売されたギャリアですが、発売から4年半も経って100%ギャリアブームが去った今、誰に
 向けてこんな工作を発信しているのかというと… → 自分に(^_^;)
 改修しまくってムチャクチャ複雑な構成になってるんで、このブログが組み立て説明書になっているという(笑)
 今回のギャリア工作再開も 物凄く過去記事が役に立つという。(要するにやった事を忘れてる記憶喪失=ボケ)
 に、あの一瞬だけあったウォーカーマシンブームから もう4年半か・・・。
 そりゃあ歳とるワケじゃのう。
 ちゅーか、まだギャリアが完成せんとこが泣ける。
 ギャリア発売で中断したオットリッチ製作も4年半放置かー。
 何もやってない気がする_| ̄|◯
 この程度のペースじゃ「趣味は模型です」って言えないわ(笑)
コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。