So-net無料ブログ作成
検索選択

2012総括 [模型の戯言]


 今年も終わりますね。
 毎年、思うんですがこの一年一体何をしていたのかと・・・。

 模型的に見れば模型趣味を再開してから初めて年間1作も完成しなかったダメな年でした。
 まぁ、今年は体調的に死んでいたので模型云々という余裕など全くなくて生きるのに精一杯だっただけです。
 
 この数年で模型で知り合った人も連絡が取れなくなったり、ブログ更新が全く無くなったりしている人が結構
 いらしゃいます。
 気になるのが模型友達のHyattさんが全く活動されている気配がないのが心配です。
 模型は休止しているにしても お元気だと良いのですが。
 人間生きていれば色々とあるので大変ですが「模型」だけでなくても他にも何かしら生きる意味を見つけて
 厳しい時代ですがしぶとく強く頑張りましょう!
 正直言ってかくいう私も模型を始めた頃の熱量とは比較にならないくらい萎んでいるという事実があります。
 
 この分野であとどれだけ走れるか分かりませんが足が止るまでは動きます。
 あ、初心者向け電飾講座も書いていた気がするが全然更新してねーや。

 さて、勝手に始めたWMコンペ「遥かなる惑星ゾラでMarBor丼」ですが、今年も完成に至りませんでした(泣)
 一番後に参加されたはるかさんは超絶作品を完成させて一抜け(笑)
 いや~頭が下がります(^_^;)
 残るはワシとまーちゃんですが、まーちゃんが仮面ライダーに走っているうちにこそっと二抜けを狙ってみます。
 でも、塗装だけで数ヶ月掛かるのは当たり前なんで二抜けは無理かも(笑)


 最後に告白

1.JPG ギャリア頭部操縦席(下)

 徹底改修する気だったんですが、どうにもこうにもスペースが取れなくて断念。
                                         _| ̄|◯

 上はギャロップの操縦席ですが、ギャリアはまるで1/144スケールのよう・・・。




2.JPG 



 右側のジロンのスケール感(笑)






 どう頭を捻ってもジロンを正常化スケールにする妙案が浮かばないので残念ではありますがギャリアの頭部操縦席
 は普通に組む事にしますわ。





 来年は元気でありますように。
 そして、このブログを見られていらっしゃる皆が元気でいられますよう。



 
   3.JPG
                 いまだに一人ぼっちで申し訳ないのう
コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第32話 ボル、血迷う! [WM WALKER GALLIA(R3)]


 So-netブログが年々使いにくく クソ仕様になっていく。
 こんちは、グチっぽく始まりましたギャリア製作記です。
 

 今回は腕です。

001.JPG 肘関節二の腕の接するこの矢印部分

 バソダイの何の意図なのか「こすれる仕様」
 塗装派モデラーに向けて嫌がらせ臭プンプン。(笑)

 ここを干渉しないように削ります。


002.JPG ついでに・・・

 ノーマルでは分割線が横に走るので改造。

 前も書いたと思うけど、WMは分割線が前後に走るのが自分の
 中での不文律なのでD1・D2は一旦接着します。





003.JPG そして


 こっちがわに分割線をスジ彫りします。

 リベットもね。

 あ、この時点で接着したので後ハメ加工をフレームに施しました。



004.JPG さてさて、今回の目玉無駄工作

 


 設定画では肘部分の外装甲には分割線がありません。
 まぁ、日本中でここを気に留めているギャリア好きが他に居るとは
 思えませんが、気になったもんは仕方ないので改修します。




005.JPG これがキット



 前腕はC9とC10で挟み込んで構成するのでガッツリ分割線が出ます。






007.JPG 上の画像にある矢印部分をエッチングソーでぶった切って接着。


 これでこの装甲は一体化しまして、無事に設定画通りになりやした。



008.JPG 残った方の前腕パーツ


 接着しろをプラ板で作ります。





009.JPG 



 合体したらこうなるのですな。





011.JPG 


 こうして




012.JPG


 こうなって



013.JPG 



 完成




014.JPG


 え?時間をかけて改修する意味なんて全く無いっすよ!



020.JPG 色々とイジっているとこの部分がちゃちいのが気になった。


 あ、この画像は上の工作をする前のものです。




021.JPG 



 見える場所にエッチングプレートを貼ります。



022.JPG ハイ、完成


 こんなトコ誰も覗かねーよなぁ。







 と、いう事で今年のギャリア製作は終了です。
 工作の方もそろそろ煮詰まってきた感がありますわ。
 


 来年はまず、老眼鏡という名前の工作レンズを買わねばならん。

 恒例の年忘れ総括記事を書いたら年内店じまいします。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第31話 無駄につくって生きてます [WM WALKER GALLIA(R3)]


 久々の更新ですな~。
 So-netブログの記事が書きにくくなってるわ!閲覧も妙に重いし。
 使いにく~。

 

 今回は肩部の工作です。

000.JPG これがギャリアの肩




 ギャリアはロボットとしては特殊な構造で 肩が二重構造になっています。


 キットは目立っておかしなトコも特に無いので手を入れなくてもいいんですが…




002.JPG 一生に一回しか作らないので折角だからディテールアップします。


 多面構成のパネルは このように溶接で製造されたと解釈してみました。






005.JPG 肩裏側



 意味のよく分からないモールドがあったので…





007.JPG このように変更



 圧延鋼材を切削して切り出した跡を付けました。

 AFVではよくあるディテールアップ方法です。



010.JPG 



 この黄色のポッチもプリン状で気に入らない。







013.JPG


 金属化して曲面にしました。





020.JPG 何となく最初の溶接再現が気に入らなかったので変更。




 多面体はこのようにスジ彫りして「平板をリベット留め」という設定に変更。





022.JPG



 肩軸は「動かしていたら折れた」と数年前に聞いた記憶があった
 ので真鍮線を入れて補強します。





025.JPG 設定画




 肩の矢印部分はアーチ状なので







027.JPG 


 プラ板を貼って再現






030.JPG

 チラと見える肩部フレームも単調なのでちょいと手を入れます。


 二の腕に繋がる可動軸も真鍮線で補強済み。




033.JPG ディテールを加えたものも装甲を閉じると見えんが関係なし。



 内側にリベット追加。

 肩軸隠しの為の蛇腹も取り付けます。




035.JPG 


 軸隠しの蛇腹は本体側と肩側に各々取り付けました。





039.JPG 


 大胆なポーズをとってアクションさせても ショボイ肩軸が見えないので
 効果はあると思います。




050.JPG 最後に




 市販のエッチングパーツを使って





055.JPG このパネルのヒンジを作りました。



 塗ったらモールドが埋まりそうだな、コレ(^_^;)






 肩部はこれで工作完了。

 ヤバい、ニ抜けは無理っぽい!
 ちゅーか、年内完成も無理だと思う。_| ̄|◯
 

 それにしても最近の老眼の進行には閉口する。
 細かい作業が出来ん。
 よって更新頻度も下がるという構図。
 数年前までは自分が老眼になるなんて思いもしなかったのになぁ。
 視力は左右ともに1.5あるのが又泣けるポイント。
 模型引退も近いんかも・・・。
 あ、老眼鏡を買えばええのか。

 

続きを読む


コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。