So-net無料ブログ作成
検索選択

第31話 無駄につくって生きてます [WM WALKER GALLIA(R3)]


 久々の更新ですな~。
 So-netブログの記事が書きにくくなってるわ!閲覧も妙に重いし。
 使いにく~。

 

 今回は肩部の工作です。

000.JPG これがギャリアの肩




 ギャリアはロボットとしては特殊な構造で 肩が二重構造になっています。


 キットは目立っておかしなトコも特に無いので手を入れなくてもいいんですが…




002.JPG 一生に一回しか作らないので折角だからディテールアップします。


 多面構成のパネルは このように溶接で製造されたと解釈してみました。






005.JPG 肩裏側



 意味のよく分からないモールドがあったので…





007.JPG このように変更



 圧延鋼材を切削して切り出した跡を付けました。

 AFVではよくあるディテールアップ方法です。



010.JPG 



 この黄色のポッチもプリン状で気に入らない。







013.JPG


 金属化して曲面にしました。





020.JPG 何となく最初の溶接再現が気に入らなかったので変更。




 多面体はこのようにスジ彫りして「平板をリベット留め」という設定に変更。





022.JPG



 肩軸は「動かしていたら折れた」と数年前に聞いた記憶があった
 ので真鍮線を入れて補強します。





025.JPG 設定画




 肩の矢印部分はアーチ状なので







027.JPG 


 プラ板を貼って再現






030.JPG

 チラと見える肩部フレームも単調なのでちょいと手を入れます。


 二の腕に繋がる可動軸も真鍮線で補強済み。




033.JPG ディテールを加えたものも装甲を閉じると見えんが関係なし。



 内側にリベット追加。

 肩軸隠しの為の蛇腹も取り付けます。




035.JPG 


 軸隠しの蛇腹は本体側と肩側に各々取り付けました。





039.JPG 


 大胆なポーズをとってアクションさせても ショボイ肩軸が見えないので
 効果はあると思います。




050.JPG 最後に




 市販のエッチングパーツを使って





055.JPG このパネルのヒンジを作りました。



 塗ったらモールドが埋まりそうだな、コレ(^_^;)






 肩部はこれで工作完了。

 ヤバい、ニ抜けは無理っぽい!
 ちゅーか、年内完成も無理だと思う。_| ̄|◯
 

 それにしても最近の老眼の進行には閉口する。
 細かい作業が出来ん。
 よって更新頻度も下がるという構図。
 数年前までは自分が老眼になるなんて思いもしなかったのになぁ。
 視力は左右ともに1.5あるのが又泣けるポイント。
 模型引退も近いんかも・・・。
 あ、老眼鏡を買えばええのか。

 

続きを読む


コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。