So-net無料ブログ作成
Ma.K 陸戦GANS [白虎 Phi-fu] ブログトップ
前の10件 | 次の10件

Ma.K素人の作る「陸戦ガンス」 作用反作用 [Ma.K 陸戦GANS [白虎 Phi-fu]]

 陸戦ガンスの胸部?には左右に3本ずつ計6本のパンツァーシュレックが装備されとります
 今回はこれをディテールアップしてみましょう

001.JPG   ノーマル状態を撮影するのを思いっきり忘れました・・・

   砲塔の留具は一体成型なんですが、ニードルでケガいて別パーツ
   に見えるようにしています

   今後は割愛しますが、ガンスの至る所にあるモールドはこの加工
   で別パーツ化工作しております



004.JPG   シュレックのジョイント部分


   ここは接着線が出るのですが、プラペーパーで隠しておきました
   補強だと思って下され





006.JPG   シュレック砲身後部

   このシュレックはWAVEのプラタンクを流用して作られたようなので
   キットでも この部分はそのままです

   ここが閉じていると作用・反作用の関係で弾の推進による反力をま
   ともに受けて2本足のガンスは転倒してしまうと思うのです
   ここは多分 無反動砲だから塞がっているのでは?と考えていらっし
   ゃる方は無反動砲のしくみを調べてみる事をお勧めします


009.JPG   加工開始


   弾の噴射ガスを後方へと抜く為に後部を開口します





010.JPG   更に


   抜いただけでは格好悪いのでディテールアップします


   市販のディテールアップパーツでそれらしく加工しときました





Ma.K素人の作る「陸戦ガンス」 これは面倒 [Ma.K 陸戦GANS [白虎 Phi-fu]]

011.JPG   ガンスを作った方が見るとお分かりでしょうが、一体成型のジョイント
   を切り出して可動にしようとしています

   可動軸を作っておきます


013.JPG   切り出すとこうなります

   ああ、茨の道



015.JPG   現状


   この形成炸薬弾はパーティングラインを消すのがしんどい

   シュレックに対しての弾の長さはこの通り


022.JPG   切り出したジョイント


    この部分は本体と一体成型されています

    切り出しただけではキャップ?部分がオカシイ形なので
    欠けた部分を黒い瞬着で作りました



025.JPG027.JPG   こうなります


   このままではジョイントの足の高さと
   中心軸が合わないのです





031.JPG    本体との仮接続


    このような状態で本体とシュレックは接続されます

    「可動化」といっても殆ど動きませんな・・・




035.JPG039.JPG    仮取り付け

    プラバンで冶具を作って軸を決め
    ます

    矢印の部分はそれらしくディテー
    ルを入れました
    



 可動軸は今は真鍮線を打っていますが、塗装後に金属製のボルトと取り替えます

041.JPG    f1・f2パーツ


    ここも軸部分をディテールアップしました


    なんやかんやで時間が掛かってます

Ma.K素人の作る「陸戦ガンス」 腰をこちょこちょ [Ma.K 陸戦GANS [白虎 Phi-fu]]

a1.JPG    c1・c2を貼って作る腰部

    ここは接着線を消す時に 元からモールドされている溶接跡が消
    えてしまいます




b3.JPG    で、

    ついでにガンスにある溶接線は伸ばしランナーで立体的に作り直
    しました





a3.JPG    ←c24のパーツは取り外しが出来るフタだと思うので取り付けガイド
    とかも無い事ですし穴を穿って本当に「フタ化」しました

    ガンスは任意で取りつけるパーツが多いです



a4.JPG    この通り


    うーーー、この工作に特に意味は無いですなぁ



b1.JPG    そういえば・・・


    肛門?に当たる部分に穴を開けて




b2.JPG    水抜きドレンキャップを付けました


    多分、この形状だとここに水分が溜まるので抜く必要があると
    思うんですよね
    1000%私の妄想モデリングです(^_^;)


b4.JPG    ファルケに付属のお嬢ちゃんの手


    人間と比較しながら製作してます

    1/20スケールって作り慣れていないのでスケール感が把握
    し辛いです・・・
    いつも傍らに電卓を持って作業しとります

Wikipediaと図書館の本で作る「陸戦ガンス」 かっこいい武器 [Ma.K 陸戦GANS [白虎 Phi-fu]]

 陸戦ガンスの武装はシュレックだけですが、この陸戦ガンスはMY 設定なので趣を変えた武器を搭載してみようと
 思います。

001.JPG    右側のシュレックを換装

    ココ を見ると最後の方に面白そうな記述が・・・


    レールガンか~~

    その語感だけでもカッコいい感じ


 って事で某宇宙世紀のプラモで絶対に使わないであろう武器がジャンクとしてあったので、こいつをベースにして
 強引に「レールガン」に仕立て上げてみようと思います。

002.JPG    取り付け基部


    本体に強引に穴を開けて軸を作りボールジョイントで接続させます

    軸隠しは いつものアレを使いますか・・・


003.JPG    スイッチを仕込む


    ある目的でスイッチが必要ですが、ガンス本体に仕込む場所が無いのでレール
    ガンに仕込みます



 創作武器は意外と構成するのが大変・・・


Wikipediaと図書館の本で作る「陸戦ガンス」 レールガンの方向性 [Ma.K 陸戦GANS [白虎 Phi-fu]]

 さて、レールガンの事を何も知らないのでwikiで調べてみた。
 おー! なるほど~・・・

 1960年代には、550メガジュールを入力した長さ5mのレールガンで、オーストラリア国立大学に所属す
 るリチャード・マーシャルらのグループが3gの弾丸を5.9km/s ( = 5,900m/s) で射出する事に成功し、
 現在では、最大速度8km/s程度の物が開発されている。  以上Wikipediaより抜粋

 この記述には「グッ!」ときますな。

 色々な事を含めて 今回のレールガンは以下の事を取り入れます

 ・最低でも全長2.5m以上(西暦2800年代の技術力なのでこの程度で・・・)
 ・口径は2cm程度
 ・砲身は長く
 ・高温になりそうなので排熱処理を重視
 ・弾の打ち出しによるリコイルの吸収(二足歩行兵器なので これ重要)
 ・尾栓が必要なので再現
 ・弾倉は無し(本体装弾タイプレールガン  消費電力の関係上で装弾数 5)
 
 くらいですかな?

 では、ジャンクパーツなどで組んでみましょう。

     004.JPG
 レールガンといえば長大な砲身のイメージがあるので ここは真鍮挽きもの製のバレルと放熱用の砲身を組み合わせ
 てみました。 
 銅線のピッチは手作り感を出す為に敢えて均等に巻きませんでした。
   005.JPG
 リコイル吸収の為にスプリングを組み込んでみました。
 バレル基部には演出として巻物を・・・

006.JPG    これがレールガン本体

    白いのは「覗く為のスコープ」ではなくて標的を捕捉して距離などを割り出す為の
    センサです




007.JPG    組み合わせます



111.JPG    ディテールを更に入れます




112.JPG113.JPG    意味のあるような無いようなディテールを入れます


    吊り下げフックや補強リブなども・・・


    パイピングは塗装後にします


114.JPG    裏

    排熱フィンを付けたり・・・



115.JPG    バランスを調整しながら ちょっとずつディテールが増えてます



117.JPG    銃身が曲がっていたので修正しました

    次回でレールガンの工作は完了です


Wikipediaと図書館の本で作る「陸戦ガンス」 レールガン工作終了 [Ma.K 陸戦GANS [白虎 Phi-fu]]

   121.JPG
                   ってな事でレールガンの工作は(仮)完成
 リベットの打ち込みとパイピングなどは塗装後にします。
 1/20スケールで全長130mmですから 実際には260cmってトコです。
                                   (ファルケ付属の女子の身長は165cm)
 左側のシュレックのカウンターウエイトとしては適当な重さではないだろうか?

122.JPG     この画像は製作途中

     後で0.3mm径の配線が出来るように基部を作っています

     リベットを打ち易いように穴も穿ってます



123.JPG    ちょっとゴチャメカを増やしました


    金属パーツは地金のままの色にしようかな・・・




125.JPG126.JPG    尾栓をデッカクしとります

    未来兵器っぽく・・・

    何色にしよ~かニャー[猫]



 余談ですが このレールガンのイメージはシュワちゃんの出演していた映画「イレイザー」のEM銃。
 レールガンの出る作品ってイッパイあるのね。
 しかしレールガンの命中精度って如何ほどなものでしょう?
 この弾丸の射出速度ならFCSはどういうプログラムが必要なのか?

Wikipediaと図書館の本で作る「陸戦 ガンス」 腰とか [Ma.K 陸戦GANS [白虎 Phi-fu]]

 腰部の加工です

c1.JPG    c27,c28の股関節パーツ


    ここはクレーテと同じパーツですがメカディテールの入ったi7のパ
    ーツが陸戦 ガンスには付きます(画像ナシ)
    でも、加工しなければ取り付けられません
    初心者向けのキットじゃありませんね



c2.JPG    ナットが3箇所ある


    一体成型されているので溶けてます






c3.JPG    この位置にナットがあります


    どーも3箇所ではバランスが取れないので位置を変更する事に
    します





c4.JPG    変更



    矢印の位置に4箇所にしました

    整備性も考えてます



c5.JPG    g5に付けるリング状のパーツです

    組立説明書ではナットの位置が曖昧なのでモデリングブックの陸戦
    ガンスを見て取り付けました

    ありゃ?このパーツは組説には番号が振ってないんじゃ?


d1.JPG    チ○コの位置にあるナットを・・・


    市販のヒートンでフックにしました

    こんなモノを使えるあたりが1/20スケールサイズの恩恵ですな




d2.JPG    でも・・・

    実際、2カ所フックがあってもアレなんで1カ所にしました

    AI二足歩行兵器なんでフックで引っ張るモンなんて無いでしょうが
    スパイス的にね[揺れるハート]


Wikipediaと図書館の本で作る「陸戦 ガンス」 無駄工作 [Ma.K 陸戦GANS [白虎 Phi-fu]]

e1.JPG    陸戦 ガンス腰部

    陸戦 ガンスはクレーテと違って腰が回らない仕組みです

    この出っ張りが阻止してます
    といってもg5の装甲が腰の回転を制限してますが・・・(^_^;)



e2.JPG    改造


    脊髄を付けて回転運動が出来るようにします





e3.JPG    e1,e2の胸部?パーツにポリでジョイントを組みました



    これで腰の回転が可能に!



e4.JPG     w(°o°;)w


     おー!よー回る!




e5.JPG     しかーし


     g5の装甲を取り付けるとこんだけしか回りませぬ_| ̄|○


     究極の無駄工作
     でも こんな無駄な事が大好きだ!

Wikipediaと図書館の本で作る「陸戦 ガンス」 股関節隠し [Ma.K 陸戦GANS [白虎 Phi-fu]]

f1.JPG    腰部の股関節アーマー i8です


    ここを加工します






f2.JPG    まずは


    恒例の「溶けたナット」をディテールアップします




f3.JPG    画像の色味が違いますな・・・(^_^;)


    アーマーに叩き出しのディテールを入れました

    で、この装甲は「シュルツェン」だと思うので 薄々処理をやりました



 ちなみに シュルツェンとは・・・
 第二次世界大戦時にドイツ軍戦車が用いた「シュルツェン」は、車体から離して薄い鋼板を張った増加
 装甲である。これはもともとソ連軍の対戦車ライフル対策であったが、HEAT弾に対し効果があることも
 判明した。HEAT弾を車体からできるだけ離れたところで起爆させ、ジェット噴流が車体に及ぼす効果
 を極力抑えようとしたもので、後にそれ専用として軽量化を意図した金網製の物も作られた。
 ソ連軍でもベルリン攻防戦時、ドイツ歩兵のパンツァーファウストへの対策として、砲塔の外側に金網や
 ベッドスプリングを貼っている。 以上Wikipediaより  *出典

f4.JPG    比較


    左 ノーマル
    右 加工後


f5.JPG    i3パーツ

    このアーマー裏側にある謎のパーツ
    色々と何の為にあるのかを考えたけど分からない
    右のようにスプリングでディテールアップしました

f6.JPG    仮装着

    c27,c28の円筒パーツに取り付けるんですが取り付けガイド
    も無いし「接着しろ」も殆どありません

    よって真鍮線で軸を作って補強しています
    でも、全くi3のパーツがフィットしません_| ̄|○

f7.JPG    で、加工


    i3をアールがつくように削り込みます




f8.JPG    こんなもんで・・・


    接着する時は接着剤を多目に塗って溶接跡を表現しようと思って
    ます


Wikipediaと図書館の本で作る「陸戦 ガンス」 この工作に本当に意味があるか [Ma.K 陸戦GANS [白虎 Phi-fu]]

a1.JPG   足の甲にあるd12パーツをディテールアップ

   シャフト状なのでアイキャッチとして金属製にしました






a3.JPG   取り付けます


   ここはおそらく上部のボルトを回す事によって何らかの機構し作用し
   何らかのテンションを変更する何らかのパーツなんでしょう

   今回は「悪路セッテイング」としてテンションを緩めた状態にします
   このシステムが何か?を考えた結論の紹介は又の機会に・・・



a5.JPGa4.JPG   左 ノーマル
   右 ディテールアップ後

   ノーマルに比べて緩めた(伸びた)状
   態にしました


前の10件 | 次の10件 Ma.K 陸戦GANS [白虎 Phi-fu] ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。