So-net無料ブログ作成
検索選択

パステルワーク 1 [Tips]

 最近の私が模型を作っていて最終的にやる作業に模型を「使った感」を出す為に行う「汚し作業」が
 ある。
 汚し作業にも工程が沢山あるが その終盤に行う事がパステルワーク。
 この作業は模型誌では「ピグメント」と呼ばれるパステルを粉状態にしたものを使うのだが、特に
 よく使われているのが「MIG ピグメント」という外国製のものだ。
 しかし、このMIGピグメントというのは広島県の主要な模型店では売っているのを見た事がないほ
 ど流通していない。
 取り寄せて下さいと某店の覇名下店長に頼んでも「無理です」と一発で断られた位に特殊な流通状
 態にあるようなので、通販以外では手に入れる事が出来ない。
 「実物を見てから買いたい派」の私にはこういう商品は辛いのですな。
 がっかりしていたところ、AM誌でボークスがファレホピグメントの取り扱いを開始と書いてあったので、
 喜び勇んで広島市内のボークスに行ったら「ウチでは扱いません」と言われる始末。なんじゃそら。

 ピグメントの代替として模型用で市販のものは

001.JPG
  クレオスのウェザリングパステル


  が最も入手しやすいでしょう

  でも、この色って(私には)あんまり使えない色です




 で、今回からの記事は「ピグメントの替わりに画材のパステルを使ってみよう」という記事です。

002.JPG  コストパフォーマンスで選ぶなら百均のパステル



  1本あたり20円しないのがポイント

  でも・・・


003.JPG  私はヌーベルパステルを使います(1本 105円)
  カラーチャート pdf  
  これはとても色数が多くて選択肢も多いので、欲しい色を作る際に
  混ぜ合わせによる個体差が出来ないのがメリット


 余談ですが、私は「ノーベルパステル」だと思っており、色を調べる時に検索してもヒットしないので
 あまり有名なメーカーじゃないのか?と思っていました。バカです。スミマセン。

004.JPG  サンドペーパーで粉状にしたパステルはこれを使って保管します


  百均で売っているボトル

  1個あたり35円ですが、最近は見なくなったので廃盤の可能性があります

  MIGピグメントは1個700円以上するのですが、これは1色分で140円!


005.JPG  こうやってパステル番号をナンバリングしておきます


  似た色も多いのでひと目見て分かりやすくするのが良いでしょう






007.JPG  ボトルの口が広いので使いやすい

  又、蓋の裏に密閉性の高いパッキンがあるのが良い
  GANSは主にこのヌーベルパステルで汚し作業してます


 パステルは棒状で店頭で売っているので、それを見てこれは使えそうだ良さそうだと思って使うと
 ダメだったり、とりあえずと試しに買ったものが期待しているよりもかなり使えたりと、実際に粉状
 にして使ってみるまでは色の本質が見えません。
 ま、安価なので気になった色は買ってみるのが良いでしょう。
 使いようの無い色は他のダメだった色と混色するのがベター。

 パステルを扱う際は粉が舞うのでマスクをしての作業は必須です。
 次回はすり下ろしパステルを実際に使って定着力を調べてみます。


パステルワーク 2 [Tips]

 パステルの定着力実験は普通にやっても面白くないので、一説によるとパステルに混入すると定
 着力が上がると言われている「との粉」を使った実験を紹介しておきます。

010.JPG  これです

  色は2種類あったと思うのですが・・・

  この商品は白です(でも、若干黄土色)

  内容量が多いので一生分あります



011.JPG  出してみます

  このように若干固まっている部分があるので潰してやると
  いいでしょう

  ジオラマにはこの塊状態のものを「石」として固定して使う
  のもアリだと思います



12.JPG  溶いてみます

  との粉は水でも溶けますし、画像のようにアクリル溶剤にも
  溶けます
  このとの粉をパステルに混ぜて使ってみましょう

  あ、との粉単体でもパステルとして使えると思います


13.JPG  使うパステル


  今回は濃い目の土色を選択しました





14.JPG  混ぜます


  今回は半々の割合にしてみました
  このままでも非常に「乾燥した土」っぽいです





15.JPG  アクリル溶剤で溶かして混ぜます


  色が濃くなって一見すると泥になりました





16.JPG  プラ板に塗ります


  そして、ドライヤーで強制乾燥させると こんな色に・・・(^_^;)
 
  むむむ


17.JPG  定着力は



  まあまあの力でティッシュペーパーで擦ってみました

  との粉を混ぜた事によって飛躍的に定着力が向上した
  とはいえない気がしますが?


18.JPG  違う方法でやってみます


  まず、パステル:との粉 の50:50のものを盛ります






19.JPG  アクリル溶剤を垂らします


  その上に更に先ほどの粉をかけます






20.JPG  乾燥させるとこうなります


  立体感のある状態になりました






21.JPG  又、同じ力加減で擦って落とします



  先ほどよりも定着しているようです

  ま、単純に層が厚いからでしょう(^_^;)



 これは使う場所によってとの粉の混入量を変えないと白っぽくなってしまうようです。
 基本的に地面に近い足回り近辺にしか使えないテクニックでしょう。

 次回はパステルを違う方法で定着させます。


パステルワーク 3 [Tips]

 今回はパステルを強力に定着させます。

31.JPG  使うのはコレ


  アクリルのクリアーとフラットベース




32.JPG  これはクリアーベース


  クリアー+パステル+アクリル溶剤

  乾燥しても湿った泥っぽくなります

  擦っても落ちません


33.JPG  こっちはフラットベース

  クリアー+フラットベース+パステル+アクリル溶剤

  乾燥したらこうなります

  フラットベースを入れると白っぽくなって質感も乾いた泥のように
  変化します


34.JPG  応用


  使い方を工夫するとこうなります





36.JPG  更に

  薄いパステルでドライブラシしたり下側を濃いパステルを溶いた
  ものを染み込ませるとこういう立体感が出ます

  泥濘を通った戦車が数時間経った時の前面の装甲板部分にこういう
  表現をしても面白いでしょう

  パステルの使い方は非常に幅広いのです

37.JPG  

  同じ色のパステルを使っても添加するモノを変える事で全く違った表
  現が出来るのが面白いですね



 次回もパステルです。


パステルワーク 4 [Tips]

 パステルワーク最後はメディウムを使った方法です。

med.JPG   これ

   ジェルは艶ありなので濡れたような感じになります

   マットは艶なしなので乾いたような感じになります
  
   です


PIG.JPG   スンマセン 上と逆になりました

   左がマットメディム混入ピグメント

   右がジェルメディウム混入ピグメント

   

 厚みが出し易いのがメディウムのメリットです。
 一回に厚塗りすると乾きも遅くてひび割れしそうなので薄めに何回も塗って何層も作るのがベター
 でしょう。
 このままでフィニッシュではなくて、乾燥後にパステルで表情付けすると良いと思います。
 私もパステルによる表現は色々と研究していますが、このブログでは公開しません。
 個人のテクを公開する事は逆に模型の面白さを無くしてしまうと思うからです。

sand.JPG   ヒント



   メディウムだけでなく、こういうのもあります

   研究の余地は模型誌で公開されているもの以外にも沢山あります




 オマケ
pig1.JPG  前の記事のパステルを剥がしてみました

  本物の泥の塊のような剥離状態が表現出来ます


  パステルによる表現のバリエーションは沢山ありそうです

塗るとは [Tips]

 そんなに模型歴は長くはないが、説得力のある模型を作る為に必要な事が分かった気がする。

 吹き抜ける「風」は目には見えないが、風が当たった水面には波が立つし水田の稲穂は靡く。
 画家はキャンバスに(強引ではあるが)「風」は表現出来るが、モデラーにはそれが出来ない。
 導きだされる結論は・・・。
 
 そういう事を表現すれば自然と模型にも「在」が生まれるのではないか。
 まぁ、「そういう事を表現」するのが難しいのですが。

廃物利用 [Tips]

 皆さん、塗装などで使った綿棒を捨てていませんか?

t1.JPG  使用済み綿棒(軸が紙製限定)です

  

  これを捨てるの勿体無いですよ!



t2.JPG  こう使います

  軸をニッパーで斜めに切って、メタルカラーで塗った場所の磨きに使
  います。
  綿棒で磨くよりもキレイな金属光沢がでますし、小さなパーツも磨け
  ます。


t3.JPG  さらに

  極小パーツの部分を磨くには もっと鋭角に切って使います。
  汚れる度に切れば良いので1本でかなり使えます。

  汚し塗装の際にレインマークを入れるのにも役立ちますぜ。


t4.JPG  裏技


  軸の部分も磨き出し用途に結構使えます。
  綿棒の先端のように繊維が荒くないので、パーツに引っ掛かって破損
  するという悲しい事故が減ります。
  


 エアブラシのハンドピースカップ内洗浄にも溶剤を入れて軸の尖ったトコをグリグリとやればこびり付い
 た汚れが落ち易いくて良いです。
 資源は有効利用したいもんです。

誰か居たのか? [Tips]

 私はフィギュアが苦手だ。
 というか、全然作った事がない。
 何故なら作らなくても下手なのが分かるから。
 Ma.Kの作品でも と~~~ぶんの間は人間様は作る予定がない。
 でも、FALKEでは「人間のニオイ」を感じさせようと思う。

 そこに居もしない「人」を感じるには居た事を証明する「痕跡」が必要だ。
 それは座っていた場所に体温が残る・残り香・飲食の跡etc。
 人が居た証明をすれば、生活感というか日常的に機体と人との関わり合いがあるという証になる。
 リアリティが生まれる。(ハズ)

 そこで・・・

a1.JPG  激落ちくんの登場!



  キミには踏まれてもらいます。



a2.JPG  この足に


  ギューっとね。



a3.JPG  こんなん出ましたけど・・・


  1/20の足型の出来上がり!

  これで「足跡」を模型に入れる作戦だ。


 a4.JPG
                     足跡スタンプ~(ドラえもんで)
                                                     何だか犯人の足跡みたいだ。

a5.JPG  足裏に滑り止めパターン溝は切ってません(私レベルじゃよう彫りません)


  でも、転写した後にそんなもんはどーにでもなります。

  今回は紙に型押ししましたが、塗装されたプラなら乾燥までの猶予が長め
  なので滑り止めパターンを描くことが出来そうです。

  けど、これなら敢えてパターンは入れなくてもよさそう。


a6.JPG  こんなんも

  左側のパターンは「身体の軸がずれた足跡」に見えませんか?

  例えば少し重いものを左右に振って重心が変化し身体がブレた。
  もしくは重いものを押して動かそうとして自分の方がズレた。

  こんな単純な仕掛けでも模型で表そうとする世界観が深く大きくなるような
  気がしてきませんか?


 1/35AFV模型ではこういう足跡スタンプが販売されているようですが、自作すれば左右セットで25円
 で出来ますよ。
 


コメント(2) 

足跡 Ver2.0 [Tips]

 前の記事で作ってみた1/20サイズの足跡ですが

        DSC02337.JPG
 乾燥前に滑り止めパターンを描き込むと思った以上に本物っぽくなりました。
 もっと緻密な作業をすれば更にリアリティが向上するのでしょう。

時間を進める [Tips]

 ちょっとばかり面白い塗装方法を思いついたので記事にしておきます。

 「オレンジ」の表現に苦労しているとボヤいたけど 以前から気になっていた事を試して
 みたところ なかなかの効果があったのです。

 下の画像はプラ板にオレンジベタ塗りをした状態。
         01.JPG

 で、今回 思いついた事を試してみました。
         02.JPG

 画像では分かりにくいかと思いますが、褪せた表現が出来ます。
 いろいろな書籍などでは「経年変化」や「退色」と表現される事が多いのですが、私のイ
 メージではそういう表現をする事は「褪色」という漢字が適当だと思います。
 字の如く風雨や紫外線によって塗装が「褪せる」のを模型に強制的に表現するからです。
 今回の技法は他の色でフィルターをかけるとかドライブラシをしたワケではありません。
 文字通りに塗装面を力技で「褪せらせる」のです。
 実際にFALKEのオレンジ基本塗装を行った面では・・・

          03.JPG

 こういう表現になります。

 案外 「面 (パネルごと)」の作業がし易いというか、狭い面でしか出来ないので時間は
 ある程度は掛かるのですがそれだけの甲斐はあると思っています。
 通常のウェザリングではよほどの技術がないと筆を走らせる一方向への表現になるの
 ですが、この方法では分散型の褪せ方表現が簡単に出来ます。

          04.JPG
 デジカメの性能が低いので肉眼で見た時のように上手く伝わりませんが、言葉にすれば
 スポンジチッピングのように「意図的にランダムに褪色表現」が出来ます。

 模型において「古びて見える」という事を表現する場合は、基本的には「褪せる」と「黒ず
 む」の二種類があると思います。
 今回の技法は作用をさせようとする塗装面が「彩度の高い」ものと「明度の低い」ものと
 いう要素を持つ色の限定技で「褪せる方向」にもって行く技です。

 この技法を不向きな色に行った場合は

        05.JPG

 このように効果がハッキリとしません。
 特に白やレモンイエローなどの塗装面では殆ど効果を発揮する事が出来ません。
 そういう色には「黒ずむ」という表現をしなければならないのですが、相反する表現を共存
 させる方法を模索する必要があります。

 む・難しい・・・
 でも、楽しい。

 ここまではまだ基本塗装の域から出ていませんので「ウォッシング」をした場合に この塗装
 面がどう変化するかも興味深いです。
 最悪はこの技法がウォッシングにより消えてしまうかもしれませんが、これも経験値を上げる
 事になるのでOK。
  
コメント(4) 

画像加工のススメ [Tips]

 ゲルググの修正をしている間にちょっと画像に関する話を。

 私のように展示会やコンテストなどに出品する予定もその気もないブロガーにとって作品発表は ほぼネット上
 になるでしょう。
 出来上がった作品をそのままアップするのもいいのですが、デジラマ(デジタル+ジオラマ)仕立てにするのも
 一風変っていて面白いと思います。
 画像加工というと 「フォトショップ」がメジャーですが、これは高額なソフトなので手に入れるには二の足を踏ん
 でしまいます。
 でも、ありがたい事にネット上にはフリーの画像加工ソフトがゴロゴロ転がっています。
 特に「GIMP」は強力なソフトでこれ一つで何でも出来ます。
 が、これを意のままに操るには 相当な修練が必要ですが、他のビューアソフトと連携すれば 意外と手軽に面
 白いものが出来上がります。
 今回はデジラマではないのですが、そこそこお手軽にカッコイイ画像を作る方法を書いてみます。

 使うソフトは画像編集・加工ソフトGIMP 高機能ゆえに扱いは慣れが必要なので書店で簡単な操作方法と
 プログラムが同梱された本を入手する事をお勧めします。1500円程度。
 ネット上でダウンロード可能だし 使い方を解説したサイトも複数ありますがネットと作業を同時に行うのは煩雑
 なので解説書がある方が便利です。フォローでサイトを見るのがいいでしょう。
 フォトショップは買うとエライ値段なので断然こっちを推奨。
 フォトレタッチソフト「JTrim」
 画像ビューワー「IrfanView」 いずれも上の2つは窓の杜で入手可能。(Windows7でもOK)
 JTrimとIrfanViewは動作の軽さが売り。特に画像サイズの変更とガンマ調整はIrfanViewが高機能。

 以下は画像クリックで拡大されます。

素材 これが素材画像

 前の記事で使ったものの元画像です。
 左腰アーマーの裏側が外れかけているのは見ない事にして
 下さい。(^_^;)


 ここから段階的に効果を加えていきます。






モノアイ 第一段階


 JTrimを使用
 加工→「超新星」でモノアイを発光させる。

 超新星の色はピンク。
 放射線の数、乱数色相はかなり「低め」か「無し」。お好みで
 そのままでは光が「ひさし」とかぶるのでGIMPの修復ス
 タンプなどで修正(特に気にならなければやらなくてもよい)



4.jpg いきなり第三段階
 
 実はナギナタのビームエネルギーを描いた第二段階の工程
 の画像をロストしてしまいました・・・
 
 この画像はGIMPでビームナギナタのエネルギー描いた後に
 IrfanViewの画像→フィルタ→フィルタの設定→Zoom Blur
 で前後方向に躍動感を出した画像です。
 ガンマを下げて暗めに設定し、ビームナギナタの光刃を目立た
 せる効果を出しました。
 こっちに迫ってくるような効果が出ます。
 拡大画像でないと効果がわかりませんので画像クリックを。


 
 他にも「色調補正」で色んな方向に色相を振るとイメージが変わります。

青系 黄色系

ガンマ 他にも


 無くした第二段階の画像はこれを上書きしたようです。
 ナギナタのエネルギーが目立つように纏わり付くプラズマを
 描いた画像です。

 本来はビームの光で物凄く明るい画像でしたが、これはガン
 マを落としてナギナタの光源が目立つようにした画像です。
 GIMPで切り抜いて宇宙の画像と合成すれば 面白いデジラマ
 画像になります。





 番外編

シルバー





 クローム






ゴールド




 ゴールド







アイスブルー




 アイスブルー







 ソフトは色々な画像効果を簡単に適用する事が出来るので 模型製作の息抜きに「デジラマ」を作ってみて
 はいかがでしょう?
 でもハマり過ぎると模型工作よりも こっちが優先になりそう。

 オマケ

 先日、母が観光に行ったのですが「プリントして~」と持ってきた画像データを見ると人物が写りこんでいた。
 これをGIMPによって削除してみました。

0.JPG こちらが元画像


 中央付近に女性とオッサンが居る。



00.JPG 加工後

 人物を削除した。
 正確には「見えにくくした」  攻殻機動隊の光学迷彩やプレデター化ともいう。
 こういう技術を知っているとせっかく撮った完成作品に変なモノが写りこんでいた
 場合やホコリの除去に使えます。


コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。