So-net無料ブログ作成
MSM-07S ultimate edition ブログトップ
前の10件 | -

こりゃ何かね? [MSM-07S ultimate edition]

 宇宙世紀赤ガニを作ってます。

 残された今年の時間は低い工作スキルを少しでもアップ出来るように模型の基本となる 「パテ盛り・削り」
 などの作業の地味な訓練をしようと思います。

01.JPG といいながらディテールアップ

 一体成型の胸のフィンを削り込んでます。


02.JPG 足裏

 ネオジウム磁石を仕込んで転倒防止措置。
 万能なプラリペアで固定しとります。



03.JPG 設定画





04.JPG 泣ける程違う(T△T)


 何で山形の切れ込みが?


05.JPG 直します

 あ、ここも変な出っ張りがぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 後で削りましょう。


06.JPG07.JPG 胸

 左画像 ノーマル
 右画像 修正後
 

 余りにも出っ張っていたので削り込んだけど大差無し。
 
 これ以上の修正は内部メカリフォームを必要とするので
 やらない。

08.JPG 怒りの頭部

 アッガイの時に余ったアドラーズネストのカメラアイがあったので組み込む。
 この頭部モノアイ周りの設計が泣ける程にエエ加減過ぎる。
 これでは左右にチョロチョロしか回らない。
 んなアホな・・・

09.JPG 更に

 これ、頭部ロケットはどっから発射する?
 まずはモノアイ基部と思いっくそカブってるし。
 
 設計の時に「これはありえん」って意見を言う人はおらんかったか?


10.JPG 一応透明モノアイカバーがある


 これを付けるのでこういう設計になったんか?



 このままじゃクソ面白くもないので こういう所に時間を使いたくないけど思うように修正してみる。
 

11.JPG 根本的にモノアイレールから作り直す


 さも頭蓋を一周出来るかのようにしよう



12.JPG13.JPG 頭蓋を取るとこんな状態(まだレールは製作途中)


 フレームに合わせた曲面を作る難しさに泣く


14.JPG 頭蓋カバー


 支柱に変な出っ張りがあるぅぅぅぅぅぅぅ~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


15.JPG ここも削り込んだりプラリペアで盛って補強しながら修正

 現場合わせをしながら微調整しつつ被せてみる。
 何とかカタチになった。


 どうしてこのメーカーは暴走して変なモールドや独自設定を盛り込んでキット化するんだろうか?
 ひとっつもイイとは思えない。
 泥臭いデザインがファーストガンダムに許される良さ。
 
 
 
 
 普通に作ってくれ。普通に。
 完成までの余計な手間が増えるだけ。


 [MSM-07S ultimate edition]

 さて、困った。

 借りてきたTV版DVDを見て このキットを比べてみると全然ちゃうではないか・・・。
 
 ソコソコ納得がいく状態にまで改修(私の力量で)して、このキットが完成する確率は10%程度しか無い
 と思うが 飽きてしまってモチベーションが無くなるまでは手を入れてみよう。

01.JPG 一番納得がいかない問題

 頭部ロケットが無視されてキット化されているのよ。
 何がなんでもココだけは「ロケットランチャー」にしたい。



 赤蟹もあと10年待てばVer2.0化されて こういう大問題点も改善されるかもしれないが、齢50を過ぎ
 て100%の確率でガンプラは作っていないので今のうちにやっとく。

02.JPG 頭蓋と本体を貫通させてロケット弾が入るスペースを無理矢理に作る

 アニメを見ると量産型の蟹も結構長い弾体を40発以上は発射している(!)の
 だが、そこは80'sアニメなので笑って流そう。

 各砲塔に1発でもロケット弾が入ればそれでヨシとすべきだろう。


03.JPG 組み合わせる

 ロケット弾が入るような ある程度の深さを稼ぐ。
 地味で面倒な作業。
 こういう無駄な工作をしたモデラーが日本に居るかは不明。(調べる気もナシ)


04.JPG 尻


 オムツのようなモールド(スジ彫り?)も気に入らない。




05.JPG06.JPG  埋めてスジ彫りを入れ直す。

  こうやって設定画を見るとケツの長さが全然ちゃうし、他の部分も
  てんで別物。

  こういうのを気にしてパテを盛ったり削ったりしていると アッという
  間に模型人生の寿命が尽きるので知らん顔で流す。


 特にスタイルなんて気にしていない私が気になるんだから 全国にはキット化された蟹を購入して仮組みをし
 てみてイメージとは全然違う姿に相当に腹を立てたモデラーがいるんでしょう。
 ホント、この設定画とキットの姿の差は異常だ。
 どんどんとモチベーションが吸い取られていくのが分かる。
 やりたい事を実際に手を動かして形にするのは修行になるので やっているけど何時までもつやら・・・。
 他に有効な時間の使い方があるような気がしてならん。

推進装置がエライこっちゃ! [MSM-07S ultimate edition]

 困った困ったこまどり姉妹。

 違う違うとは思っていたが、TV版の赤蟹とキットを比べみるとまるで別物。

02.JPG バックパック

 ここはキットではスクリューになっていた。
 
 メーカーの勝手な解釈は却下!

 アニメ版のように変更する。


01.JPG キットでは何故かこんなスクリューが入っていた(左)

 全て削ってスラスターの基部にした。(右)
 水ん中だから推進はスクリューと勝手に決めつけられても・・・


03.JPG 結局こうなる


 設定画のようなリング状の枠を入れてみた。
 スラスターノズルは例のブツをバラして再構成している。
 コストの掛からない廃棄物利用にしては 意外とカッコいいのでヨシ。
 キットとは全く違うものになった。


07.jpg この画像が推進装置改造の目安となる

 バックパックは明らかにスクリューではない推進装置。
 キットではこれでもか!と主張している足の裏のバカでかいスクリューも無い
 な・・・。
 最も気になるのはアソコの位置にバーニアっぽいのものが2個ある。


 あの位置のバーニアは量産型蟹(設定画)では1個だが、このTV版赤蟹には2個ある。
 推進装置が強化された事がS型たる所以だろう。

04.JPG でも、キットでは一個。(ピンぼけ)

 このキットのS型蟹は量産型蟹キットとは違ってアイアンネイルでの打突に特化し
 て腕が伸びるとか動力ワイヤがあるとかの違いがある。

 ワケのワカラン独自解釈は止めて、こういう基本的な所を商品化の際に反映出来
 ないもんか?
 それともTV版アニメなんて見て商品化していないのだろうか?

05.JPG って事で改修しようか・・・

 簡単に作るはずの赤蟹がどんどんと時間を吸い取っていく。

 まずは追加バーニアの為の構成変更しなけりゃならん。
 手始めに尾てい骨部分の外装から削る。
 はぁーーー、気がすすまん作業だ。


06.jpg ちなみに

 バックパックからはこんな勢いで噴射してます。
 
 ここは絶対にキットのようにスクリューなワケがない。
 こんな重いもんが空を飛んでるし。


 負のエネルギーのみで作業している珍しいパターンの作品になっている。
 「出来の悪い子ほどカワイイ」と思えるようになるかが完成まで行き着くかのポイント。

 年内に終わるのか?ブタ鼻MSもあるし。

無尽蔵 [MSM-07S ultimate edition]

 何の為にやっているか迷路にはまりこんでいる工作。

a1.JPG 赤蟹頭蓋



 何かが生えてきた。




a2.JPG 


 ズバババ~ン!




a3.jpg コレ

 キットのクラゲみたいな頭部ロケット弾頭はアニメ版のものとは全く別物。
 よって、作り直します。
 実際にはこんな先っぽの尖った鉛筆みたいなロケット弾が発射される。
 ご丁寧に安定尾翼なんてのも付いている。
 こんなのが機体から雨あられと40発以上も出てくる。

 どういう仕組だろう?グフのヒートロッドもだが。
 場面によってはたまにロケットではなくビームっぽいのが出る事もあり。(^_^;)

 お気づきでしょうが、上の画像のロケット発射口はキットとは違って8ヶ所あります。
 設定画では6ヶ所ですが、TVアニメでは蟹の登場時間の半分は8ヶ所型が描かれています。
 量産型もS型も8ヶ所型が随所で多見されるというゆるい設定です。
 あえて8ヶ所型蟹を作るのも面白いけど、そんなにこのキットに思い入れも時間も無いし。
 ロケット弾は安定尾翼まで含めたものは物理的に赤蟹の砲筒に入らないのでダミーの弾頭を作って
 仕込む予定です。
 それでも各砲筒に1発ずつの計6発が搭載の限界。
 前頭部のロケット弾頭に関しては操縦席の真上にあるので1発まるまるは入らないという状態。
 むむむ。
 古き良き時代と笑って流す。

やるべきか? [MSM-07S ultimate edition]

 ゲルググを作ってしまった今、この勢いで赤蟹も作るべきだろうか?
 この機会を逃したら もう一生 赤蟹は作らないかもしれない。
 
01.JPG 足の裏
 
 アニメでは「絶対に存在しないスクリュー」がある。
 勝手に「新解釈」された部分を 手直しするのには本当に毎度
 ウンザリしてしまう。
 この世で一番 後ろ向きな作業。


02.JPG 解決案
 
 足部には「バラストタンク」があると力技で設定。
 どっちにしても バラスト問題は水陸両用MSにはついて回る問題
 なので足にあっても自然だろう。 (勿論、バラストタンクは胴体にもあるはず)
 これがないと水中では水平に機体が保てない。

03.JPG 結局

 上の「バラスト水導入部分」はこっちの方に変更。
 
 ゴミを吸い込まないように網状にした。


 さて、赤蟹はゲルググのように完成まで行くのだろうか?

 
コメント(0) 

何故にこんなに進んだか? [MSM-07S ultimate edition]

 日曜日の半日を費やして工作してました。
 何せ天気が悪くて外へ出なかったもんで・・・。

 やったのは地味な作業。

01.JPG 膝アーマー


 ここを



02.JPG こうして


 分割してみたり



03.JPG バラしたパーツを


 こうやって



04.JPG はめてみたり


 この工作で さも膝アーマーが可動しそうになった。
 ま、全く動かないダミーですが。


05.JPG 膝内部メカ

 赤矢印のへんなセンサーが気に入らんので青矢印のように削ってみた。

 あ、じゃ膝装甲も埋めないとアカンか・・・。


06.JPG 気分が乗ってきたので


 面倒くさそうで出来るだけやりたくなかった頭部ロケットランチャーにも
 遂に手を出します。

 まずは発射管の工作。


07.JPG チューブ

 ロケット発射菅が胴体の構造上、発射場所によって菅の長さが違う事
 になってしまいます。




09.JPG 弾頭は


 どれ位 見えればエエんでしょうか?
 あまりにも見えないと工作の意味が無いしねぇ。


10.JPG こんなの


 設定では30本も装填出来るそうですが

 無理だろ!



 更に気分が乗ってきたので

21.JPG アソコの工作


 キットのままでは「S型(バーニア2ヶ所)」と違うので
 加工しまする。

 ちなみに量産型と違う「S型」たる所以はコレ(モザイク)


22.JPG よって、こうする


 でも このままでは存在感が薄いので




23.JPG 


 こんなパーツを作って底上げして



24.JPG こうなる


 チョロっとバーニアが見えるのが「粋(いき)」





 で、2時間もすると

         15.JPG
            キレイだった作業机の上がこんなになる

 いつも結局15cm四方しか作業スペースが無くなるのは私だけ???


コメント(0) 

最難関攻略 [MSM-07S ultimate edition]

 
 今回の模型で 最も手間の掛かる改造だと思えるものを終わらせました。

50.JPG 頭部

 ここはキットのままではモノアイの可動範囲がありえない構造なのでモノアイが
 頭部レールを全周回る(ような)に改造します。
 以前の工程で作ったパーツの真ん中にレールを刻みます。


51.JPG このように

 上下分割するのさ。

 レールの巾はアドラーズネストのモノアイ基部の「ピン径」分です。


54.JPG 後頭部


 レールが直線では無なく微妙な曲線なのがイヤ。



57.JPG アドラーズネストのモノアイをハメます


 ここまでは計算通り!



58.JPG グハァッ!


 計算外

 モノアイの高さが厚すぎて頭蓋骨が閉まらぬわぁ!
 

61.JPG 仕方なしに作戦変更


 手持ちのディテールアップパーツで基部を作る。





62.JPG 後ろも見えるよん[揺れるハート]


 意味ないか・・・(でも拘る)



65.JPG 更に面倒くさい作業


 頭部ロケット発射菅を作りました。



66.JPG67.JPG さて、成果は?

 ロケット菅と干渉せずに問題なく目玉も動く




68.JPG チェック


 頭蓋装甲とのクリアランスも問題なし。





 何で今になって一生懸命この模型を作っているか分かった。
 自分で「問題」を作って それを「克服」するのが楽しいんだわ。
 不満な部分を改造する事を一種のパズルと考えれば 不出来なキットも(不出来ゆえ)楽しく作れる
 という事に気付く。
 パズルの「初級レベル」としては一般のモデラーがよく行う いわゆる後ハメ工作で、今回の改造は
 「中上級レベル」程度だろう。
 問題数が半端じゃあない昔のキットの方が「パズル」はもっと楽しめる。
 でも、パズルを解いた途端にキットに興味が無くなって 「放置」の危険性があるのが難。
 更にパズルを出題しない最近のバソダイのキットがイヤ。
コメント(0) 

復活のボル [MSM-07S ultimate edition]

 お久しぶりです。
 体調が悪くて休止していたブログですが、完全復活にはほど遠いものの少し快方に向かった
 ので赤蟹の製作を再開します。
 休んでいた間に基本塗装とデカール貼りまで終わりました。

 以下、画像クリックで拡大します。

01.JPG02.JPG ここまで


 赤蟹はバソダイが設計した内部メカがやる気を全く感じ
 ない中途半端なものなので ゲルググよりは製作に時間
 が掛かりませんが、体調不良なのでまだ完成してません。
 しかし、こんな内部メカならイランなぁ。


03.JPG04.JPG05.JPG

 胴体




06.JPG 頭蓋

 アダム・ワイルダー氏云うところの「カラーモジュレーション」を取り入れ
 たような基本塗装まで終わってます。
 氏はエアブラシ+油彩などで基本塗装を済ませるが、わたしゃエアブラシ
 だけで全て済まします。
 ま、私もクリアで保護塗装した後に油彩とか使うんですが。


 関係ないけど「カラーモジュレーション」って 前は「色調操作スタイル」ってワイルダー氏は呼んで
 なかったっけ?

07.JPG チ◯コカバーじゃなかった、腰部分


 この塗装状態で「完成」ってガンプラモデラーも多いと思う。

 というか、そんな人ばっかりな今日この頃。
 嘆かわしい。


08.JPG 踵

 今回はアッガイの時の泥表現失敗のリベンジを晴らす予定。


09.JPG アイアンネイル(爪)

 シルバーパールを吹いて金属感を出します。


 アニメのアイアンネイルって「白」ですよね。
 ただの白色は兵器としてはあり得ない色だと思うので 「ダイヤモンドヤスリ」で見られるような
 質感を出して「装甲を突き破る爪を構成する材質」の質感を狙っています。
 でも結局は後々には塗装剥げ表現をするんですが(^_^;)
 余談
 シルバーパールって塗料は危険です!
 エアブラシを洗浄した後に違う色を吹く時にもラメが何時までも混入してエライ事になります。
 結局はハンドピースを完全分解掃除するハメになりました。
 気をつけませう。

10.JPG 各部防水パッキン(らしきもの)

 水陸両用MSだけにキットには本物の合成ゴムパーツがあります。
 そのまま使うとオモチャっぽいので「塩分や有機物が乾いた跡」を表現
 しました。
 そりゃそうと この材質って経年劣化すんじゃねーのか?


 今回はここまでです。

 

続きを読む


コメント(4) 

行きつ戻りつ [MSM-07S ultimate edition]

 体調不良とはいえ模型に対するモチベーションがゼロにならないようにキットに触ってます。

 赤ズゴックの続き

01.JPG 発覚した問題

 基本塗装後に見つかったヒケ

 ホントいや・・・
 何がイヤって、見て見ぬふりが出来ない性格が。


02.JPG 仕方ないんで


 一旦、塗装を全落としする




03.JPG 再び

 表面処理してサフ吹きした

 今度は大丈夫だ



04.JPG05.JPG 目玉

 赤蟹はストックで使おうとしていた
 金属製モノアイが使えない事が発
 覚したので丸モールドなどで自作。
 銀テープを貼って反射率アップ。
 

 特に金属製のものを買わなくても十分満足出来るレベル。
 劇中でもモノアイ自体は単純な構造のカメラ(レンズ)だ。

06.JPG ふくらはぎフレーム

 ゲルググでは抑え気味にしていた内部メカ汚れだが、今回は水陸両
 用MSという事もあって運用期間が短いとはいえ汚れはそれなりに入
 れている。
 この機体は内部メカは「密閉」って感じではないので有機物・塩分も内
 部まで侵入するとして それに対する汚れを意識してみた。




 余談
 公式ウェブによると10月4日 ガルマを謀殺した後にドズルによって左遷されたシャア。
 キシリアの手で復活し11月27日に連邦軍ジャブロー基地内でGMを撃破した。
 wikiによるとシャアは11月にキシリアの突撃機動軍に編入したという。
 その後、マッドアングラー隊の司令に就任すると共に何故か大佐の地位にまで出世していたシ
 ャアは自分専用のズゴックを受領してからザンジバルで地球圏から離脱するまで どれくらいの
 期間にわたってこの機体を運用したのか?
 ゲルググの時に「慣らし運転もしていない」と愚痴を言っていたが、ズゴックでジャブローに侵入
 した時には そんな事は言っていなかった。
 よって、ズゴックは十分に扱える程に操縦は慣れていたものと考えられる。
 少佐から中佐、そして大佐へと出世した要因は何らかの功績によるもの以外は考えられない。
 まさかキシリアの若いツバメになっていたとは思えないから 連邦軍に対して出世分に相応する
 ダメージ与えたのだろう。
 根っからのMSパイロットであるシャアはそれに使った機体はシャア専用ザクでは無い可能性が
 高い。
 では、何を使ったのか?
 突撃機動軍は肉弾戦だ。
 使ったのは そりゃあ、奥さん!ズゴックでしょう。

 脳内結論 
 ∴ ジャブロー侵攻作戦時までのズゴック運用期間は 40日前後
   前線大好きのキャスバル君はマッドアングラー隊が編成される前からズゴックをまあまあ酷
   使していた筈だ。
   ちゅー事で赤蟹はそれなりに汚い機体でもOK。(強引)

 と、ここでアニメを見ていると新たな事実が発覚!
 「迫撃!トリプルドム」の回でキシリアがこんな事を言う。
 「地球での白兵戦用のMSはシャア中佐に回せ。シャアがマッドアングラー隊に下りる前に間に合
 えば良い」
 え~~~~!
 上の予想は根底から覆される事になった。
 地球での白兵戦用モビルスーツはこの時点でグフは登場しているし、その後のセリフでドムという
 固有名詞をキシリアが口にしているので白兵戦用MSの正体はズゴックであろう。
 まさか、ケンプファーって事はないだろうし。(TV版放送時点でケンプファーの存在はありえない)
 キシリアのセリフから現時点ではシャアは地球上には居ない事が伺える。
 又、オデッサ作戦が11月9日であった事から

 ∴シャアがズゴックを駆った期間は 14日前後

 という事にする。
 結局、考えなおして それに見合った汚し表現に留める事にしようと思う。
 ん~・・・シャア専用ケンプファーは見てみたいかも。
 
 どーでもいい事ですが、1stガンダムでズゴック以降にシャアが搭乗した機体の稼動期間はゲルググ
 では5日間、ジオングに至ってはおそらく1時間以内(笑)

 閑話休題

07.JPG 胸部

 ここに可動式フィンが4枚入る。
 劇中ではこれの上の丸いフィン部分からパワーをかけた時に排気
 がブンブンと出ていたので、こっち側は一体何なんだ?
 バラスト水導入口?
 ん~・・・、どっちかというと上の丸いフィンの方がそれっぽいが。

08.JPG09.JPG フィンを入れるとこーなります

 汚し塗装をしても結局は見えん事に。

 ヤレヤレだな。

 ここは金属板に見えるように塗った。

10.JPG アイアンネイル

 模型的に見栄えがする汚しにしようかと思ったけど、「突き刺す」と
 いう用途上 実際にはこんなになるだろうという方を選択して傷を入れた。


 所謂、「スポンジチッピング」の剥がれは入らないと思うのよね、アイアンネイルには。

 完成しそうでそーでもない。
 先は長い。
 しかし、今のタイミングでシャア専用ズゴックを作っている人が地球上に10人も居る?
 そして、この製作記事ってためになる???
 
 

そんなの30発も入らない [MSM-07S ultimate edition]

 着々と前進。

 以前書いた記事と重複する部分がありますが、スルーしてくんなまし。

01.JPG02.JPG03.JPG



 上半身





 今回は大幅に改造した頭蓋フレームを被せました。
 今のところ大きな問題は無し。

 このキット最大の問題点はモノアイ周りのいい加減な造りでしたが、それを改修したついでに更に
 いい加減な造りの頭部ロケット発射口もアニメ準拠に改造しとります。
 wikiによるとズゴックには240mmロケット弾体が30発も搭載出来るとか・・・。
 いや、6発でも無理ですがな(^_^;)
 関係ないけどWikipedia解説で「ミサイル」と「ロケット」の混同をしとるなぁ。
 特に気にしない者にとっては「連続発射出来る砲は全てバルカン扱い」と同じレベルか。

04.JPG 弾体が6発も入らない理由は


 12時と6時位置の(コクピット上)発射口は物理的に弾体が入るス
 ペースが殆ど無いから。
 ダミー弾体も この場所の2本は短いものを入れてます。


05.JPG このままではちょっと面白くないので

 2時・4時・8時・10時の発射口の4発のダミー弾体は取り外し式に
 しておきます。




06.JPG 


 取り出すとこういうふーになる




07.JPG で

 3発分だけロケット弾体を作ります。
 何故3発か?

 だって、手持ちに流用できそうなミサイルがこれだけしかなかったの[揺れるハート]
 形はアニメでベルファストに攻め行った量産型ズゴックが発射した弾体
 を参考に少々のアレンジをしとります。
 色もアニメのそれに倣って量産型ズゴックの機体色です。
 まさか、シャア専用赤色ロケット弾体なんてないだろう。


 安定翼を削り込んでいないのは 体調不良ゆえの手抜きです。


 ほんで


       08.JPG
        要するにオッサンは こーゆー事がしたいワケですよ

 MGアッガイのロケット弾オマケパーツのように発射炎や煙のエフェクトパーツを作らなければならん
 ですが それはまたヒマになったいつの日にか。

 さて、このキットのええ加減造形(いわゆる新解釈)はまだまだあって背負ってるバックパックの中身
 が何とスクリュー構造のシステムなのですな・・・。
 空中を飛ぶことが出来るズゴックはここはバーニア以外は考えられない。
 あのバックパックの中にあるちんまいスクリューは何rpm回せばズゴックが空中浮揚出来るのか?
 

09.JPG10.JPG よって


 こんなパーツを作って合体





11.JPG そしてこーなる


 バーニアは無駄に四重構造。
 泣けるポイントは上画像右の筒状パーツの高温灼け塗装が
 組んでしまうと全くもって見えない点。
 アホウまる出し。




 腕とか

12.JPG
 私のように「金属表現」に魅せられた者にとっては ズゴックの上腕や太もものパイプ状のパーツは
 塗装するにあたっておいしいポイント。
 組立説明書での塗装指定色はどーいうワケか暗い青だ(キットのランナーも)。
 アニメをどー見てもこの部分はダークグレーにしか見えないので 今回はこの色にした。
 画像で見るとイマイチに見えるけど、本物は金属っぽいです。
 
 まだ内部フレームなどは汚しが終わってません。
 ちゅーか外装甲の方が・・・

 つづく


前の10件 | - MSM-07S ultimate edition ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。