So-net無料ブログ作成
MSM-04 ACGUY ブログトップ

MSM-04 AKAHANA USE ACGUY 前編 [MSM-04 ACGUY]

 
 模型製作第3作目「MG アッガイ」です。

 前編は内部メカ編。

01.JPG 外観


 このアッガイは珍しく悪くない出来のキット。
 いや、むしろ良いと言える。


 手足に色々なギミックがあって「体育座り」が出来る。




02.JPG 搭乗員



 アカハナさん







03.JPG アッガイの搭乗方式は・・・


 この長~~~い滑り台をよじ登っていく。
 まぁ、アニメでは乗降はゴンドラ式なんだが、例のB社様お得意「新解釈」でこの生
 命の危険を感じるような方式になった模様。

 落ちたら下手したら死ぬな、コレ。




04.JPG 頭


 どら焼き内部もいい感じ。


 ズゴックの滅茶苦茶な頭部メカと違って アッガイはモノアイを全周運動させる
 事が出来る。
 事実上Ver2.0の出来だと思う。



05.JPG 肋骨部分のフレームは外す事が出来る


 その下に動力パイプがある。
 量産型ザクのカラーにしたが、他の色のザクのモノを入れても面白かったと
 後で思った。(例えばシャアピンクとか・・・)



06.JPG ランドセル

 ここもMGズゴックと違ってジェット式なのが高評価ポイント。

 ズゴックをキット化した時に こりゃアカンと思ってアッガイでは改善したのか?




07.JPG 足

 MGズゴックでは合成ゴムだった足のブーツ部分がプラスチックになっていた。
 ここはゴム製に見えるように塗装した。

 しかし、この時の足の泥ハネ汚し塗装は酷い出来だ。(後に若干手を入れた)



08.JPG 




 手足が伸び~~~~~~~~~~る






09.JPG 



 とうっ!






 後編へ続く

MSM-04 AKAHANA USE ACGUY 後編 [MSM-04 ACGUY]

 
 MG アッガイ後編

10.JPG11.JPG 装甲を装着


 この程度のアレンジなら許容範囲内


 このキットの問題は膝裏のパーツを装着すると下手したら
 二度とスネ装甲が外せなくなる。
 なんでこんな設計にした?



12.JPG ランドセル



 多重構造になっている。





13.JPG 残念な足


 前の記事の状態の後に少し汚し塗装に手を加えたのだが、泥ハネがわざと
 らしくなった。

 今だったら絶対にこんな事はしない。


14.JPG 左腕


 ロケット弾が12発内臓

 模型映えを考えて信管を再現したがちょっと効果は「?」だ。



19.JPG 左腕内部



 ロケットランチャーには番号をふった。

 でも、あまり意味がない。





15.JPG


 


 君でもGMは貫けるぞ 多分




16.JPG17.JPG このMGアッガイには

 展示ベース
 ロケット弾発射エフェクトパーツX4
 スクリュー水流エフェクトパーツX2
 アカハナ
 アタッシュケースを持った工作員
 カツ・レツ・キッカ

 が付属している豪華仕様


18.JPG 今だったらこのエフェクトパーツチョイスはしない。

 MGズゴックでも書いたが足裏スクリュー否定派なもんで・・・

 そろそろキットのネタ切れしたMGファーストガンダム素材は残すは「ゾック」だ
 けだなのだが、なんでも漫画の「ガンダムORIGIN」ってのを映像化するそう
 なので そっちをプラモ化するのが先っぽいな。


 MGガンタンクが新解釈の嵐だった事を考えたらゾックの新解釈はエライ事になって 悲惨な事になりそうだ。
 ゾックちゅーのはいらん事しなくても「ガスタンク」でいいのよ。
 
 最後に
 MGアッガイは体育座りを可能にする為に肩と股関節が引き出し式にしているが これが引き出す前に腕や
 脚全体がスポスポと抜ける。
 上の画像のようにスタンド展示していると脚の自重に負けて下がるのもイカン。
 前記の膝のダメなとこと合わせてマイナス20点。
 煮詰めりゃいいキットなのに惜しい。

 了
 
MSM-04 ACGUY ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。