So-net無料ブログ作成

Wikiと図書館の本で作る「反重力装甲戦闘機 FALKE」 始めます [Ma.K FALKE [BABYLON]]

 うちのプラモ在庫置き場でかなりの空間を所有しているのが ハセガワ「反重力装甲戦闘機 FALKE

 ガンスを作った勢いで続けて制作しないと一生「積みプラ」になってしまいそうなので制作します。
 春頃に発売された模型雑誌の広告を見て 面白いデザインだなと思い、何となく買ったので機体に対
 しては何にも知識がありません。
 マシーネンモデラーさん達の中では制作にあたって何かと「やってはいけない禁忌的な制約」がある
 みたいですが、昔からの熱狂的なファンではない私だからこそ自由に作れるというメリットを活かして
 制作してみます。
 ホントならイタリア戦車L6/40を作りたかったのですが まだ本物のAFVを作る程の技術が無いので
 リアルタイプSFモノでもう少し勉強します。
 ちなみに今一番作りたいのはWWⅡ開発途中で終戦を迎えたドイツE系列シリーズです。
 
 FALKEのデザインはAFV+航空戦闘機+ポッドレーサーフラップター÷4ってトコでしょうか?
 私がグッと来たのはガトリング砲と後部の大きなエンジンです。
 
 では、このFALKEのスペックを前作のGANSと比べてみて工作を考えてみましょう。

           ↓ FALKE                     ↓ GANS
spec.JPG

 !!!

 この重量の差は何だ!
 FALKEがたった4.8トンなのに対してガンスは12トン!
 見た目はFALKEの方が二回り程も大きいのに・・・
 どっちかの重量設定が偏っているのか、どちらも違うのか・・・
 私見ではFALKEは軽すぎてGANSは重過ぎる気がしますけど・・・
 通常の飛行機なら4.8トンという重量にも納得が出来ますがFALKEは「装甲戦闘機」と謳ってい
 るので流石にこの重量は軽いかと思います。
 しかし「30mmタングステン装甲+超セラミックの複合装甲」とありますが、これをFALKE全体に
 覆っているのでしょうか?
 多分、答えはNO。
 一般的なAFVは攻撃を受けやすい場所で装甲厚を変えているのでFALKEも最も装甲の厚い場所
 が30mmと見た方が良いでしょう。
 しかもタングステンはあの比重の重い鉛よりも更に比重が重い金属(釣り用のオモリで良く知って
 ます)なので、どこもかしこも厚さ30mmの装甲厚はありえないと仮定します。

 Wikipediaで探すと FALKEと同じような重量の航空機はX-5でした。
 X-5
 
 SPEC 以下Wikipediaより抜粋 

  諸元

  • 乗員: 1名
  • 全長: 10.1 m (33 ft 4 in)
  • 全高: 3.6 m (12 ft)
  • 翼幅: 10.2 m
    • 非後退時: 10.2 m(33 ft 6 in)
    • 60°後退時: 6.5 m (20 ft 10 in)
  • 翼面積: 16.26 m². (175 sq. ft.)
  • 空虚重量: 2,880 kg (6,336 lb)

性能

  • 最大速度: 1,150 km/h (716 mph)
  • 航続距離: 1,207 km (750 mi)
  • 実用上昇限度: 15,200 m (49,900 ft)
  • 推力重量比: 0.50:1

 やはり普通の飛行機は機体大きさに対して軽いですなぁ。
 SPECにあるFALKEの重量は空虚重量でしょうか?最大離陸重量でしょうか??
 それによって考え方が変わってくるのですが。

 余談
 改めてGANSのSPECを見ての気付き
 GANSの装甲が30-45mm 特殊耐熱セラミックアーマーって事になってますが 作った作品の
 手徹弾かすりダメージ表現で装甲がめくれた部分は装甲奥も金属になってました・・・
 設定通りなら装甲内部はセラミックが露出しなければならないようなのでFALKEの塗装の時にガ
 ンスもダメージの部分だけ塗り替えましょう・・・(^_^;)


 制作にあたって以下をパートごとに工作を進めます。

 装甲
 ガトリング砲
 機体下部エンジン
 後部ブースターエンジン
 コクピット
 腕(に見えるから便宜上)

 以上を順不同で目についたトコから作っていきます。

 しかし、このFALKEはどういう意図だかワカランですがパーツ分割の場所が間違ってなでしょうか?

0000.JPG   機体水平方向のど真ん中に接着線が発生・・・_| ̄|○
 
   ありえん



0001.JPG   脇の部分

   ここはどうやって接着線消し&塗装をする?

   むー



0002.JPG   裏面

   あの丸いたこ焼きみたいなモノも一体成形
   エンジンっぽいモールドも一体成形

   一発抜き出来る技術があるなら別パーツにしてくれ!って本気
   で思うのです

 更にコクピットも塗って組み込まないと後ハメ不可能な構造・・・

 プラモ初心者とかは挫折しそうなこのキットのパーツ構成は作りやすくないキットだ。
 こうして見ると今のバ○ダイのプラモはパーツ構成が良く練られていると思える。

 以後は Wikipediaと図書館で借りた本を参考に 「MYこじつけ設定」でFALKEを作ります。
 この難キットが無事にゴールまで達成できるのか?


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。