So-net無料ブログ作成

交易商人への第一歩 [Goven Class]

  
 惑星ゾラで生きる者、出世の為に頑張ります。
 やるなら交易商人で 一山当て花道を パッっと咲かせる夢見ます。
 言うのは簡単なのですが、いきなりデカイの無理だから 小さな艦から始めます。
 何が何でも頑張って、出世の度に欲出して 大きな艦へと乗り替えます。

 と、ワケのわからん前フリから。
 ↑出来ればアニメのザブングルの様に銀河万丈さん風で読んで下されば喜びます。

 さて、GALLIAさえ作っていないこのタイミングで言ったりますわ。

 ズバリ!1/100スケールのランドシップを作りたいっ!←バカ

 ザブングルの世界では交易商人の必須乗り物にLS(ランドシップ)があります。
 要するに陸上を走る(浮かぶ)船なのです。
 この世界の乗り物の殆どはWM以外はホバーシステムであります。
 映画「AVATAR」の惑星パンドラもメインはホバーでございやす。


 んで、LSを大きな物から並べると

 デラバス・ギャランクラス 180.2m
 エンペラー改 172.4m
 アイアン・ギアー 168.7m
 ガバリエクラス 139.7m
 アースサンダークラス 132.1m
 ダブルスケールクラス 120.2m
 ダブルオールクラス 117.8m
 ダブルオールクラス ドッグシップ 102.3m
 キャメルクラス WM輸送用LS 43.3m
 ガバンクラス ウルフタイプ 29.0m
 ガバンクラス バッファロータイプ 27.2m

 番外編
 ウォーカータンカー 59.0m ←6本足の輸送船?

 となります。

 本来、アイアン・ギアー級が欲しいのですが1/100スケールでスクラッチするとなると168.7cm ヾ(- -;)
 仮に完成したトコで置く場所なんぞあるわきゃね~。
 手頃なキャメルクラスWM輸送用は43.3cmだ!
 でも、これホバーが8個あってワタシャ作るの無理。
 ウォーカータンカーは全長59cmでも全高が40cm超えそうで ほぼ直方体でメタクソかさばるので却下。

 現実的に考えると完成してもお手頃サイズの全長約30cmになるガバンクラス[揺れるハート]

 という事で「コレを作りたい!」と思ったのが もうかれこれ4年前。 オイッ!ヾ(- -;)


01.JPG 

 4年前からチョロチョロと集めたホバギーが4個。
                                (^_^;)

 何に使うかというと・・・



02.JPG コレ


 ここの円盤状のホバーユニットが欲しかったのです。

 私の工作レベルじゃあこういう形状の物はスクラッチなぞ出来る筈も
 ございやせん。


021.jpg これが噂のガバンクラスのウルフタイプ

 もう一種類のバッファロータイプってのは基本設計は同じだけど積載量と
 先端の形状違いの同型艦。
 先のWikipediaのガバンクラスの解説ではウルフとバッファローが逆に
 なってますので注意。
 私の目論見としてはウルフタイプとバッファロータイプのハイブリッドモデル
 がオリジナルモデルとして欲しいのです。
 バッファローとウルフの中間だから「ホルスタインタイプ」?


03.JPG プラン

 昔々、オークションで落としたWMキットのオマケとして全然興味のなかった
 ホバギーが付いてきてパーツを見ると このホバーが何かに使えそうだと思
 ったのが事の発端。

 これはガバンクラスのホバーで行けるのでは?とずっと思ってました。
 この「ホバーありき」なので甲板長などはこのパーツのサイズに依存します。


04.jpg 劇中の一コマ

 GALLIAがガバンクラスの後方甲板に積載されています。

 グッとくる




05.JPG 早速やってみます



 あ、案外といけるかも・・・

 でも、甲板の面積のバランス悪いね。


06.JPG 方向を変えて

 おお!甲板に収まっている!
 と、思ったのも束の間 下に敷いているカッテイングマットの長さが30cm!
 ガバンクラスの全長は29cmなので この時点で成立しない事が判明。
 前後の甲板に各々大型WMが積載出来て このカッテイングマットに収まる
 全長で成立させるなんて物理的に無理。



07.jpg 更に劇中での一コマ

 ザブングルではよくある事ですが、シーンごとにやたらと期待のサイズが違
 います。
 GALLIAの大きさから判断すると このシーンでのガバンクラスの全長は


             50mオーバー!(゚◇゚;)!!!

 ウルフタイプの艦橋は4階構成なのですがギャリアの座位全高より高くなる事はありません。
 前方視界考えて積載されたWMに邪魔されない為に艦橋は中心よりオフセットされた場所にあるのですが・・・
 実際、旧キットのWMを仮組みして前方甲板に載せてみたところ ものの見事に視界を遮られます。
 ガバンクラスには輸送時の安定化を考えてかWM用の椅子が用意されていて 輸送中はそこに座っている状態
 にさせるのですが 模型で立体化した場合には大きな問題が二つ。

 1 そもそも載せようとする大型WM(カプリコタイプ・ダッガータイプ)が座位にならない。
   旧キットの設計じゃあ座ろうとすれば足が畳めずに甲板の長さがべらぼうに長くなるのでガバンクラスのス
   タイルバランスが大きく崩れる。
   載せようとするWMキットは ここ椅子と甲板の広さに合わせる脚部の関節の改修は必須。

 2 縮尺がマッチしない。
   WMに合わせた基準とLS単体の基本設計サイズがまちまちでどちらかに合わせた場合にバランスが大きく
   崩れる。

 ∴ 設定画のようなサイズ(30cm)で収まるガバンクラスはありえない。

 LS単体で飾るのなら そう大して問題はないが、WMも積めないLSなら存在する意味が無い。
 「ちっこいLSにごっそりとWMや荷物を積んで絡ませる」からこそのガバンクラスの面白さが表現出来ないの
 であればあ例え苦労してスクラッチしても価値などまるで無いのだ。

 設定画を見ると 何となく出来そうな気がしたガバンクラスですが立体化しようとするとあらゆる所で矛盾が
 生じてしまいます。
 
 ガバンクラスのスクラッチ

 所詮は夢のまた夢か・・・

 


 時に実家に帰ったら10年以上前に買ったクリエイティブメデイア製の5,1chサラウンドデジタル
 アンプが出てきた。
 その時は自作PC用で使い始めた時に生活が激変して住む場所が変わってしまい、その存在を
 忘れていた。
 先日、実家の押し入れの中からこれが出てきた。
 「まさか、今でも動くか?」明らかに8年は通電していないので半信半疑で電源を入れてスピーカー
 テストをすると案外行けそう。
 今、住んでいるトコへ持って返って寝室側に据え置いているPS3と連結して「AVATAR」を観た所

 「なんじゃこりゃ~」

 音が・音が全く違うじゃんよ~。 なして、もっと早くやらないでか?
 ジャングルの周りに動物たちがウロウロと・・・
 戦争になれば各々の打つ兵器が雨あられ飛び交う。
 ここは戦場かぁ~~。
 って、事で5回も観ちゃいました、ウフフ。[揺れるハート]
 やっぱり映画に対する画と音響は重要度の比率は50:50ですなぁ。
 こりゃ、と~ぶんはDVD見ま栗山英樹でしょ。

共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。