So-net無料ブログ作成
検索選択

WM GALLOPTYPE 前編 [WM GALLOPTYPE]

 模型製作を一休みしている間に 過去に作った作品を時系列で紹介します。

 まずはこの模型趣味に戻るキッカケになった模型「WM GALLOPTYPE」
 これが再販された時に某家電量販店のオモチャ売場で「おお!懐かしい!子供の時に作った事ある!」
 と思って買った。 (よ~く考えてみると それはトラッドイレブンだった)
 出戻りモデラーと言っても大人になって本気で作った事はなく 人生で一生懸命に模型を作っていたのは
 小中学生の頃だったがモデラーと呼べるような存在ではなかった。
 よって正確には出戻りモデラーというか「模型趣味に入るキッカケ」となったが正しい。
 この作品はブログ開設のキッカケになり順位を決めないコンペ参加や更に某誌に掲載された事もあり今
 でも私の代表作品だ。
 ただあの頃は私も模型に対しては非常に熱く、某掲示板依存バカ共とネット上でやりあった事もあった。
 いや~、若かったわ(^_^;) 反省反省。

 さて、この模型 キットは25年以上前の古いものなので今のロボットものプラモデルに慣らされていると
 黄土色一色のランナーにビックリするでしょう。
 昔はこういうのが当たり前のプラモデルだったんですがねぇ。
 このザブングルキットシリーズの面白いところは良くも悪くも物凄いアレンジがされてキット化されてます。
 人によっては「?」と思う部分もあろうかと思いますが そこはおおらかな心で対処して心ゆくまでまで自
 分の乗りたいWMに改造するのがいいと思います。
 WMというものは 世界観が統一されがちなMS と違って本当にあるような機体にカスタムメイド出来る
 点が何ともいえず楽しいのです。
 こういう楽しみが味わえるのは唯一無二のジャンルだと思います。

 前置きが長くなりましたが

01.JPG コレが作品

 私の記憶が確かならば このキットに使ったパーツ数は約650にもなった
 と・・・

 当時の全精力を注いで作っただけに 今の目で見てもあちこちに甘いトコロ
 はあるにしても出来は「良い」と断言します。

 「今だったらこう作る」と思えるという事は 少しは上手くなった証かな。



02.JPG 後方


 何に一番時間がかかったかというと この後部の荷物用ラック

 子供の頃に作った電子キット以来のハンダごてを握って真鍮線を組んで作っ
 たものです。
 ドラム缶も本物をリサーチして1/100スケールでスクラッチしました。
 よ~作ったのう。



03.JPG 大きさ

 GALLOPTYPEは左のWikiリンクにあるように全高7.8mの小型WM
 です。
 
 概ねキットも縮尺は正確に作られていると思います。

 横の単三乾電池と比べるとこの1/100スケールのWMがいかに小さい
 かが分かるでしょうか。




 では、素組みキットと比較してみましょう。

04.JPG05.JPG 上部

 ロールバーも真鍮線をハンダ付けして作って
 います。
 又、機銃は回転します。


06.JPG07.JPG 操縦席

 極限まで設定画に近づけました。
 フィギュアは革ジャンとジーンズ姿でテンガ
 ロンハットを被った私。 


08.JPG09.JPG ラック

 この模型の見所はここ。
 積載物はドラム缶X12
 ガスボンベX6
 ジェリカンX4
 工具箱X2
 ツルハシ
 ハンマー
 シャベル
 斧       道具類は真鍮線を加工して製作

10.JPG11.JPG 機体裏

 ジェットホバーノズル


 ここもアニメに近い造形にしました。

 古いキットなので股関節は考えられない接続方式ですが 組
 み立て易いように手を入れています。



12.JPG13.JPG 腕と脚


 あの黒くて丸いのは排気用の穴です。

 ここから煙がモクモクと出るのが設定画でも描いてあります。






14.JPG15.JPG 脚

 地味に苦労した場所。
 このシリンダーはスクラッチして一つずつ金属
 製にしました。



16.JPG17.JPG 足裏

 この部分は造形が謎でしたが、画集に足裏を
 描いたものを1枚だけ発見したので それを参
 考にしています。

 おそらく あの丸いのはショックアブソーバーで
 はないかと推測。




18.JPG19.JPG 手


 ここは関節ごとに全てバラして再構成してディ
 テールアップしました。

 角度を変えて表情付けしています。





 長いので次回後半へ。
 
 お詫び
 この半年程で43歳にして老眼化がグッと進みまして小さいものがやたらと見えにくくなりました。(T_T)
 撮影の際に取ったつもりの埃がやたらとあります事をお詫びします。
 あぁ、老眼鏡がホントに必要なのか・・・。
 
コメント(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。