So-net無料ブログ作成

佳境と戯言 [MSM-07S ultimate edition]

 なんだかんだで作業が進んでおるのですな。

01.JPG ちょっとずつ組み立てます

 前も書いたけど足裏内側の矢印部分にネオジム磁石をプラリペアで
 固定してます。
 こうしておけば展示の際に床側が金属製ならそのまま安定、薄い床
 なら床の裏からネオジム磁石をはさめば磁力で引き合って固定され
 どんな地震が来ても転倒しません。


02.JPG 足首


 ズゴックはシーソー方式

 実際はもうひとつ合成ゴムパーツがつきます。

 足首はMGアッガイ型に改造すればもっとポーズがつきます。
 ま、私はポーズを付けて遊ばないのでやりませんが。


03.JPG 足裏

 アニメでは全く有りもせなんだ足裏スクリュー機構は廃止。
 替りにバラスト水の吸・排水口を設定。
 異物吸入防止用カバーをイメージしてます。

 ここは今後にもっといい案が出るかもしれんので変更出来る様に取り外し式にしときます。

 次、頭部。

04.JPG 自作モノアイ IN!


 正面なら干渉せずに入った。
 しかし、なんでキットのモノアイはあんな設計になっているのだろ
 うか?む~ 考えられん・・・・


05.JPG 実は

 このままではモノアイの高さが有り過ぎて頭蓋フレームと干渉する
 ので頭周りを一周する事は出来ません。

 モノアイカメラの更なる薄型化もしくは小型化すれば全周運動をカ
 バー可能ですが意味ないだろうし。


          06.JPG
              実際の展示ではこの程度回ればOKだろう
 
 さてここで気付き

 このキットを作ったファーストガンダム世代のオッサンが誰もが思ったであろう事。
 胸部の大型フィンの形状が段々になっていて不自然でオカシイのだ。
 (h)ttp://bandai-hobby.net/gunpla/mastergrade/CHAR-zgok/index.html
 上のアドレスで完成したキットを見ればどれだけ違和感があるか一目瞭然です。

07.JPG この部分

 これは組立説明書のイラスト

 これを書いた人はここを段差にするハズじゃ無かったと思う。
 何故なら向かって左側の方は段差がついていない。
 イラストを元にキット化する際に原型師(?)がここを勘違いしてあ
 んな酷いありさまになったのだろうなぁ。
 これを書いた人はここは内部フレームがチラ見えしているのを表現したかったんじゃ?

08.JPG で、

 私は装甲を一段削り込んでフィンと違和感の無い色で塗装してます。

 ここはキチンと加工をしないとズゴックとはイメージの違う「なんだか
 なぁ・・・」な別モノになります。



        09.JPG

           実は完成が近い気がする・・・(^_^;)


 模型を触っていない時期に資料として映画などのDVDを借りて見ていた。
 スターウォーズ クローン・ウォーズやトランスフォーマー、ガンダムIGLOOシリーズなどを見て
 いて凄い違和感を感じた。
 各々の作品のキャラクターやメカは模型を作るのに物凄く参考になる。
 でも、どの作品もスピード感を出そうとして逆にリアリティが無い。
 何でも速く動かせばスピード感が出ると勘違いしていないだろうか?
 人間は「この物体ならコレくらいのスピードで動く」というのを経験上 無意識に理解している。
 その限界地点で動くモノに対しては「速い!」と思うが、予想を大きく超えて動くモノに対しては
 全くリアルに感じられない「作り物」に感じる。
 実際に存在しないものだからこそ その辺りの設定を練りこんで欲しい。
 やり過ぎはアカン。
 
 ちなみにクローン・ウォーズは本家「スターウォーズ」とは全く別の作品なので作品自体には興
 味が無いがCGテクスチュアが模型の塗装の時の参考になる。
 トランスフォーマーもCGの質感は凄いが、作品自体は見終わるまでに5回も寝た。
 IGLOOに至ってはどれもリアリティが無いのとストーリーがトホホなので途中でイジェクトした。
 
 最近 あらゆる意味で最も面白かったのはAVATARだ。
 これも次回作の2や更に3があるそうだが 回を重ねるごとにつまらなくなりそうな気がする。
 そうしてみれば続編の方が評価の高いターミネーター2って凄い作品だ。
 世間の評価は低かったけどターミネーター4は好き。
 あらゆるロボットもので最も好きなのはアンドリューNDR114だ。
 ロビン・ウィリアムズの演技が泣ける。
 マーティン夫妻がチェスをしているのを見て見ぬふりをしている時のアンドリューがなんとも言え
 ず笑える。
 チェックメイトまでの手を脳内?でシミュレートする描写があるが この一連のくだりで彼の性格が
 何となく見える。(本当はロボットは個性は持てない)
 お勧め作品です。
 いかに映像が凄かろうが やはりストーリーあっての作品。
 ファーストガンダムの面白いのは画がアレでもストーリーが面白いから。
 今のガンダムはガンダムという名前にしがみつくだけの作品でしかない。
 ファーストガンダムの完成度の高さが逆に日本のロボットアニメの成長を止めてしまった。
 皮肉なものだ・・・。
 
 余談
 私は映画館に2回観に行った作品が過去に3作品ある。
 ひとつはAVATAR。
 上映時間は長いけど3D効果もあって面白かった。
 ふたつめは「スターウォーズ ファントム・メナス」
 子供の頃から期待して期待して期待していた待望の続編!と期待しまくって一回目を観た時
 に「?」と思った。
 で、二回目を観た。
 2回目は途中で寝た。
 面白くない・・・。あの目玉の飛び出たアホなエイリアンがありえない位に作品をぶち壊してし
 まっている。
 エピソード2も3もルークの青年時代に繋がるようにはどうしても思えない。
 私の中ではスターウォーズは4~6まで。
 最後の作品は「時をかける少女」。
 当時の少ない小遣いで2回も映画館に行ったなんて・・・。
 知世LOVE[揺れるハート]

 余談の余談 私の誕生日は彼女と全く同じ日なのだ。
 
 以上、オッサンの戯言でした。
 


 最後に走って来たあとのハニカミ笑顔とか・・・。
 も~。
コメント(2) 

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
Hyatt

こんばんは。
ちょっと気を抜いていたら怒濤の更新ですねー。
この古いキットをここまで持ってくるとは!
上半身のアップはまるでロボット映画を見てる様です。
完成を楽しみにしてます。

ところで体調は良くなったのですか?
by Hyatt (2011-07-18 23:25) 

ボル

::Hyattさん::

いらっしゃいっませ。
なにぶんにもあんまりやる気にならなかったもので 記事だけは仮に書いた
ものがあったので纏めてアップしてます。(^_^;)
いやはや、これは難物キットです。
ディテールアップならぬディテールダウンをしないといけない生産性を感じさ
せないMGの悲しさ・・・。

体調は・・・メールします。

by ボル (2011-07-19 21:50) 

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。