So-net無料ブログ作成

パステルワーク 2 [Tips]

 パステルの定着力実験は普通にやっても面白くないので、一説によるとパステルに混入すると定
 着力が上がると言われている「との粉」を使った実験を紹介しておきます。

010.JPG  これです

  色は2種類あったと思うのですが・・・

  この商品は白です(でも、若干黄土色)

  内容量が多いので一生分あります



011.JPG  出してみます

  このように若干固まっている部分があるので潰してやると
  いいでしょう

  ジオラマにはこの塊状態のものを「石」として固定して使う
  のもアリだと思います



12.JPG  溶いてみます

  との粉は水でも溶けますし、画像のようにアクリル溶剤にも
  溶けます
  このとの粉をパステルに混ぜて使ってみましょう

  あ、との粉単体でもパステルとして使えると思います


13.JPG  使うパステル


  今回は濃い目の土色を選択しました





14.JPG  混ぜます


  今回は半々の割合にしてみました
  このままでも非常に「乾燥した土」っぽいです





15.JPG  アクリル溶剤で溶かして混ぜます


  色が濃くなって一見すると泥になりました





16.JPG  プラ板に塗ります


  そして、ドライヤーで強制乾燥させると こんな色に・・・(^_^;)
 
  むむむ


17.JPG  定着力は



  まあまあの力でティッシュペーパーで擦ってみました

  との粉を混ぜた事によって飛躍的に定着力が向上した
  とはいえない気がしますが?


18.JPG  違う方法でやってみます


  まず、パステル:との粉 の50:50のものを盛ります






19.JPG  アクリル溶剤を垂らします


  その上に更に先ほどの粉をかけます






20.JPG  乾燥させるとこうなります


  立体感のある状態になりました






21.JPG  又、同じ力加減で擦って落とします



  先ほどよりも定着しているようです

  ま、単純に層が厚いからでしょう(^_^;)



 これは使う場所によってとの粉の混入量を変えないと白っぽくなってしまうようです。
 基本的に地面に近い足回り近辺にしか使えないテクニックでしょう。

 次回はパステルを違う方法で定着させます。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。