So-net無料ブログ作成

MS-06F KW USE ZAKU MINE LAYER 後編 [MS-06F ZAKU MINE LAYER]

 
 K・W USE MS-06F ZAKU MINE LAYER 後編です。

 これで私がモデラーとして作った完成作品は全てこのブログにて紹介出来ました。

051.JPG 




 コレ






052.JPG053.JPG バズーカ構え姿勢

 「?」と思った人はいますか?

 はい、バズーカは短くしています。
 リニューアルを繰り返す毎にデカくなるB社の武装関係
 が気に入らないのでアニメ準拠の大きさに切り詰めて
 います。




045.JPG モノアイをゲルググに移植したので



 せめてペイントソフトで誤魔化して・・・




046.JPG スコープ



 接眼レンズと対物レンズもちゃんと入れました。

 

040.JPG マシンガン

 専用のマシンガンラックを作ってストック折りたたみ式のマシンガンを取り付
 けられるようにしています。(弾倉は右腰)

 ストックは実際に展開してザクに構えさせる状態に出来ます。
 コンテストの時の一点注視型ショーケースでは背後は見れないですな(笑)


 最近のザクマシンガンスコープの接眼レンズ側のディテールって何なんでしょうか?
 変な棒が飛び出てますなぁ。
 何時からあんなワケのワカラン設定がデフォルトになったんだ?
 上のマシンガンのスコープはアニメ準拠にして両レンズを再現しています。

036.JPG シールド裏

 ヒートホークを改造してショート化
 石突きを長く鋭利にしてグリップ位置も変更
 ヒートラチェットとしています。(取り外してザクが握る事が出来ます)

 場所的に 多分、この武器の存在に気付いた人は居ないでしょう。


035.JPG シールド


 真ん中付近に1発だけ成形炸薬弾が当たった表現をしています。

 キットのシールドは中空なんですが この作品では実際に内部にフレームを組んで
 ダメージを入れフレームを歪ませて露出させました。

 時間が無かったのでダメージ表現が中途半端なダメダメ状態です。



030.JPG 足裏


 ここも傷だけ入れて劣化塗装表現をしていないというテイタラク。

 こんなんでよく人前に出せたなと反省。
 考えてみりゃあコンテストで勝てる要素なんてありゃしない(^_^;)


 見えない内部メカを丁寧に塗ったり、動力パイプを手巻したり他にもアレやコレやソレやと気づかれない工作
 ばっかりやってます。
 今 コンテストに出品するなら素組みした後は余計な工作は全部捨ててインパクトのあるようなパターンの塗装
 とダメージ表現だけで勝負する。

 時間が無かったので・・・というのはモデラーとしては絶対に言いたくない言い訳。
 
     54.JPG
     ホンマにザク(17.5m)とゲルググ(19.2m)のサイズって合ってんのか?
     これじゃ軽自動車とGTカー程度の差がある。
     どーも不自然・・・
 
  

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。