So-net無料ブログ作成
検索選択

推進装置がエライこっちゃ! [MSM-07S ultimate edition]

 困った困ったこまどり姉妹。

 違う違うとは思っていたが、TV版の赤蟹とキットを比べみるとまるで別物。

02.JPG バックパック

 ここはキットではスクリューになっていた。
 
 メーカーの勝手な解釈は却下!

 アニメ版のように変更する。


01.JPG キットでは何故かこんなスクリューが入っていた(左)

 全て削ってスラスターの基部にした。(右)
 水ん中だから推進はスクリューと勝手に決めつけられても・・・


03.JPG 結局こうなる


 設定画のようなリング状の枠を入れてみた。
 スラスターノズルは例のブツをバラして再構成している。
 コストの掛からない廃棄物利用にしては 意外とカッコいいのでヨシ。
 キットとは全く違うものになった。


07.jpg この画像が推進装置改造の目安となる

 バックパックは明らかにスクリューではない推進装置。
 キットではこれでもか!と主張している足の裏のバカでかいスクリューも無い
 な・・・。
 最も気になるのはアソコの位置にバーニアっぽいのものが2個ある。


 あの位置のバーニアは量産型蟹(設定画)では1個だが、このTV版赤蟹には2個ある。
 推進装置が強化された事がS型たる所以だろう。

04.JPG でも、キットでは一個。(ピンぼけ)

 このキットのS型蟹は量産型蟹キットとは違ってアイアンネイルでの打突に特化し
 て腕が伸びるとか動力ワイヤがあるとかの違いがある。

 ワケのワカラン独自解釈は止めて、こういう基本的な所を商品化の際に反映出来
 ないもんか?
 それともTV版アニメなんて見て商品化していないのだろうか?

05.JPG って事で改修しようか・・・

 簡単に作るはずの赤蟹がどんどんと時間を吸い取っていく。

 まずは追加バーニアの為の構成変更しなけりゃならん。
 手始めに尾てい骨部分の外装から削る。
 はぁーーー、気がすすまん作業だ。


06.jpg ちなみに

 バックパックからはこんな勢いで噴射してます。
 
 ここは絶対にキットのようにスクリューなワケがない。
 こんな重いもんが空を飛んでるし。


 負のエネルギーのみで作業している珍しいパターンの作品になっている。
 「出来の悪い子ほどカワイイ」と思えるようになるかが完成まで行き着くかのポイント

 年内に終わるのか?ブタ鼻MSもあるし。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。